ランキングチェッカー
音楽生活 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/03.Thu

ここは楽園

予測していた通り
忘れ物はあったけど(笑)
高速で、いっこも休憩ができなかったりとか
(まぁ、これが連休、ってことっすよね。
 それでも、国見SAの出口付近でむりやり駐車して仮眠をとりましたが)
同行者があんまり具合がよくなくて
若干テンション下がりぎみだったり、てなこともあったけど

二日間、天候にもめっちゃ恵まれて
前日の雨のせいで駐車場のぬかるみが半端なかったけど
ちゃんと長靴持ってったし~~(ふふふ~ん♪)

2012arabaki 1


桜が満開だし
その下で、そよそよと風に吹かれながら昼寝しながら音楽聴いて
時々ご飯食べて
歩いて、騒いで。愉しいおまつりだった。

2012arabaki 2



10feet、hiatus、斎藤和義、チャットモンチー、くらいだったかな、
ちゃんと見たのは。
怒髪天がみたかったんだけど、体力的にダメで
デビロックの反対になっちゃった。
無理はしない、の結果だから、いいのだ。
ほぼ、寝てばかりいたけど、屋外で昼寝する気持ちよさを再発見したような
愉しさだった。
なんか、、入れ替えてるような感じもしたな(笑)

hiatus michinoku



hiatus、すげー愉しかったし、すげーよかったから。
何度聴いても思う。
かっけーし、音がすげー綺麗だし、やっぱり好きだなーって。

今回の細美はこざっぱりとさわやかで
演奏すること、唄うことをとても楽しんでた。
おいらも音に抱かれながら聴くことを楽しんだ。
すげーいい時間だった。

チャットモンチーがパンチがあって、かっこよかったな。
んで、あのボーカルの甘さのギャップがまた、いい。

2012arabaki 3


たまこん、めっちゃ美味かった。
宿もご飯がおいしくて当たりだった。
白石で食べたうーめんも美味しかった。

いい連休だった。
スポンサーサイト
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/04/27.Fri

おまつり

nara_keyholder.jpg


事前に約束していたのに
ことごとく都合が流れ、同行者と打ち合わせがいっこもできないまま、なんていう
いろいろすったもんだはありつつも
無事に前日を迎えております。

日付が変わると同時に出発します。

ひとつも心配してないけど
・・・何か忘れ物をしそうで、怖い・・・。ふふふ。


皆様方も、よい連休を。
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/01/01.Sun

CDJ11/12

年末恒例

しかーし。

今年は一味違う。
>>続きを読む
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/09/09.Fri

ARABAKI観戦記


開催前日の
金曜の夜、
おにぎり作って、煮物もつくって、煮卵つくって
お茶もポットに入れて
会場に向けて出発。
クルマを走らせる。
同行者は二人。寝の体勢に入る。

時々に休憩を入れつつも、だーんだん眠くなってきた。
次のPAでちょっと仮眠取るかな~~と思ってたら
ちょうど、入りづらいSAで。
(それは国見SA。ちょうど登り坂車線の終点直前に入り口があった)
両側をトラックに挟まれ、あーーーーと言うている合間に
入り口、過ぎたーーー


・・・・次、降りるんだけど(それは白石IC)

もー、おいら限界なんだけど!!

てな、緊急措置として。
IC降りてすぐの道路脇にトラックが止まっていた。
それに便乗させてもらい、後ろにつけて止めて
そこで仮眠・・・・・・・おい。

30分くらい、くかー、と寝たら
意識すっきり。
遠刈田温泉に向かう。
遠出の時には着いてすぐ温泉に入るのが標準装備なんだってよ、おいらはよ。


この時点で7じすぎくらい。
持ってきた朝ごはんを食べて
朝5じからやってる温泉に300円で浸かり
疲れを落とす。
地元の人やら、温泉客やら、
朝も、はよから、皆入りに来る。・・・のんびり。
”今日は熱くないから、入りやすいよ”なんつって声掛けられたりして。
・・・でも充分熱かったケドー。

気分もさっぱり切り替えて
駐車場に向かい。シャトルバスに。
まだ早い時間だけど、結構人がいたかな。
シャトルバスはまだ全員が座れるくらいの乗りよう。


会場に着く道々を埋め尽くす人の波にビビりながら、到着。

ほぼ開場と同時に入れたみたい。
ベースキャンプを設営して
(レジャーシートを広げる。三人が寝っころがれる広さ)
朝からビール。玉こん。美味い。まったり。
各々、散らばる。


おいらはちょっと疲れたので
12じからのlovepsychedelicoからスタート。

lovepsychedelico→くるり→(ものすごいいっぱい休憩)→斉藤和義

・delico 
MCで、春の時には来る予定にはなかったんだけど、
夏に延期になって、どうしても参加したくて無理を言ってステージに立たせてもらってます、と言ってた。
伸びやかな歌声が、空に響いて気持ちよかったなー
肩車されてた小さな女の子がずっと手拍子してて。それが曲にばっちりシンクロしてて。やるな、おぬし、といった感じ。



・くるり 
岸田さんの髪が!!ものっそい短くなってる!と驚愕のスタート。
ひとつ、ギフトが起こる。
何曲目かを歌った後、”時間が余りそうだから、もう一曲歌う”と言い出し、ステージ上で緊急ミーティングを始める。
ブレーメン歌ってくれるといいなー、と声に出して言ってたら
”ブレーメンうたいます”おぉ!!ミラクル!!
連れもびっくり



・斉藤和義
連れが、斉藤和義のよさにノックアウトされる。
なんで今まで気がつかなかったんだ!と地団太踏む始末。
”ずっと好きだったんだぜ”、を普通に歌ってくれた後、同じメロディが聞こえてきて
こりゃ!!あの替え歌だー!!と場内大盛り上がり。皆で大合唱。
”また、怒られちゃう、、”とぼそー、とステージ上でつぶやいたりして。
なんなのよ、もー。あの色気は、もー!
歩いて帰ろう、でも大合唱。ノリノリ。
ラストに”歌うたいのバラッド”をギター一本で。ひとりきりで。
最後の一音まで観客は耳をそばだてて聴いていたよ。みんな引き込まれてたもん。スゴいって、マジで、この人はさー!
撤収している時、
後ろを歩いていた男子が、「”歩いて帰ろう”って歌ってたのは、なんの曲?」と同行者に聞いていたのに、
キミはポンキッキを知らんのか!といいたくなった。
キミは若いんだね。知らんのだね。でも、魅了されたんだね。それでいいぞ。

連れが具合悪くなってしまったので
早々に撤収。

二日目

ぐっすり眠って連れの具合も良くなって
万全の状態で参戦。
今回のベースキャンプはハタハタステージが見渡せる木陰に広く取る。



(秋田民謡 藤原美幸)→10-FEET→アジカン→(ナッシングカーブ)→(ホルモン)→怒髪天→HIATUS

( )内はハタハタステージだったのでベースキャンプ上から参戦。音がよく聞こえるんだ、また。



・10-FEET
怒涛のセットリスト。熱い熱い思いが伝わってきた。
ぶち壊すしかない、って何度も何度も言ってた。やるしかない、って。
RIVER
JUST A FALSE! JUST A HOLE!
VIBES BY VIBES
super stomper
SHOES
1sec

goes on
CHERRY BLOSSOM
もうひとりの連れがCD貸してくれ、と魅了されていた。やった。
DVDをお貸しします。テンフィは、なんつっても、ライブです!!

・アジカン
おいらが好きな「君という花」もやってくれたしー
リライト、リープ&ループもやってくれた☆きゃほーぅ
”寒がりなので、夏の(ARABAKI)ステージは、いい”と言うてはりました。
途中、あったはずのゴッチのメガネが・・・・ない!!えぇぇ!?
メガネ、どしたーー!(謎を残しつつ、撤収 後に”勝手に落ちた”と判明 フェスでは定番、とも判明。)



・ナッシングカーブインストーン
ベースキャンプ上で寝転びながら、聴く。
ギターの音が冴えてるなぁぁ、、と。流石やな、うぶちゃん、、とかって思いながら聴く。


そして、ここでおなかがぺこりんこ。
ホルモンさんまでは、あと30分。
ご飯を買って、戻ってこれるかどうかは微妙な時間。
でも、腹ペコペコリーナだから!!もう!!行くんだもん!と決断して買出しに。
この決断がまたも奇跡を呼ぶことに。

津軽ステージを通り抜ける時
チャボさんが歌っているのがわかって
(イェ~っていえーー!と言うのが聞こえてきた。)
思わず
「雨上がり、、歌ってくれないかなぁ、、」とつぶやきながら通り過ぎる。

確か、利久のブースが出てたはずだから、、、と探しながら行く。
案外と空いていて(それはもう夕方近くの時間だったから)
待たずにすぐ(牛タンの)まかない丼とテールスープを購入。
これなら、ホルモンさんのステージに間に合いそうだね~、と言いつつ帰還、、の途中
津軽ステージの横を通ったら。
~♪
こ、、これはーーー!!”雨上がりの夜空に”だよーーー(泣)
両手にどんぶりと、カップを持ちながらバンザイしたくなった。
思わず一緒に歌う。わーーい♪
連れ、またも驚愕。
”二回目じゃん・・・・。”

ホルモンさんにも間に合い、
どんぶり食べつつ、ステージを堪能。大騒ぎ。
そりゃ、ヘドバン(ホルモンさんVer)やるわさ、そりゃ。食べながらやる、ってそりゃ。
ステージは遥かかなたではあるけれど、あちこちにはらぺこさんがいっぱい。
見えなくったって、大騒ぎなのさ。
たのしーねー。これがフェスだねー☆



・ホルモンさん
”3.11は確かに忘れられない日かもしれないけど、
半年後にフェスを開催できた
8.27,28も忘れない日にしよう、”とダイスケはんが言っていた。
麺カタコッテリ、もちゃんとやった。お約束。
ステージから見えなくったって、やるもんよ、それが心意気よ。

・怒髪天
そういえば。増子さんのDJは聞いたことあるけど、怒髪天のステージは初めてか?あれ??
おもくそ、魅了される。エンターテナーぷりがはんぱない。アニキィーーー!
”悲しい思い出を消してやることはできない。でも愉しい思い出を一個作ってあげることはできる”
おらー、泣きそうになった。ヒダカさんが飛び入り。ビークルファンの連れ、驚愕。
アンコールに出てきて、皆で大騒ぎ。するもー、
またもや、アンコールの要請。増子さん、出てきてくれたのはいいけど!
リズム隊が誰もいない!(笑)
でも、なんかやれ!との要請(笑)わかった、わかった!!とrラララで大合唱。
超たのしい。

・HIATUS
宵闇がとっぷりと。森の中に響く、細美の声が、とてつもなく、よかったなー。
おいらはもー、足が限界で。ステージ脇から座り込んでの参戦。
隙間から(まさにHIATUS!)チラチラと細美の姿が見えた。
歌ってるわー。へへ。あー、やっぱ、ライブ行きたーい。
MCで終盤、女子に名前呼ばれるの、好きじゃない、と発言。あー、そりゃねー、あーた、ずーっと言ってるよねー。
じゃぁ、結婚でもしちゃえばいいのに、とは連れとの話。

撤収。
痛む足を引きずりつつシャトルバスへの道を。てくてくと。てくてくと。てくてくと。
もう、ステージ撤収の作業が始まってた。
入場ゲートも撤去されてた。
そんなに待たずに、シャトルバスに乗ることも出来、
まっくらな駐車場に到着。・・・・・クルマ、どこーーー???



思った。
よく、開催できたなぁ、、って。

当初、駐車場はP3までだったように記憶してる。
去年もそんなもんだったように思う。
でも、P6まで増えてた。
設営するのに、どんだけの人手、どんだけの協力、要請、があったことだろう、と。
どんだけの人数をどれだけのスタッフで捌いたのだろう、と。

宿は会場から20kmほど先の遠刈田温泉というとこ。
走るのにはまったく支障はなかったけど
あちこちに補修の跡があって、土砂崩れの復旧途中、というところもあった。
ところどころ道に陥没もあった、

後でわかったことだけど
仮設トイレの数が少ない、との指摘が多く載っていた。
(おいらは特にトイレですごく並んだ、ということは、全然なかったんだけどね。)
でも、あれだけの数を揃える方が大変だっただろう、との投稿が載っていた。
ほぼ、仮設トイレは被災地に優先して送られているから、と。


そんな中で開催された、フェスだったんだ。。

なんとなく、頭では理解していて
臨んだつもりだったけど
この場所に来て、立って、実感した。わかった。

この集いが、、ずっと、ずっと続けばいい。
もっと、もっと、いいフェスになるといい。
玉こん、美味しかったよ、また食べに行くね。

二日間とも
お天気に恵まれた。
基本曇り空。しかし、晴れ間もときどきは覗くし
風はそよそよ吹くし。
大騒ぎすれば、そりゃ汗だくにはなるけど、
暑すぎず、爽やかな天気だった。

宿に戻って
風呂に入り、仮眠をとって
起床3じ
3じ20分チェックアウト。

白石ICを4じちょっと前に乗る。
国見で休憩。給油。
郡山を過ぎた辺りで眠くなり、
朝焼けを臨みつつ
安積PAで1時間ほど仮眠。すかーり朝。
ぴかぴかの天気の中をご機嫌で走らせる。
那須高原SAで朝ごはん。
始業30分前に会社に到着。出勤。

無事に帰還。
来年も、また、開催してください。
また、行きます。
よろしくお願いします。

音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/08/23.Tue

なぜか、RIPSLYME

はじまりは「くるり」だったんだけど。

それ経由でRIPSLYMEを知り。
(”ラヴイ”と”ジュース”)
youtubeでちょこちょこと聴き
ついには、CD購入しました。う、はー(笑)
DVDも買う勢いです。ありゃー(笑)

愉しくて豊かな音の広がりに。魅力を感じたんだね。





面白いのは
タモさんと同じ田辺エージェンシーの所属だということ。
なんかどっか繋がってる。ぷぷぷ。
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。