ランキングチェッカー
裏ハチクロ へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/02.Wed

裏ハチクロ

思いのほか、楽しめてしまった
映画版「ハチミツとクローバー」

自分でも意外だった。

おいらは
ものっそい
原作には思い入れのある一ファンだったから。

映画を観てきた日
Yちゃんが家に泊まっていったので
ふたりしてもういちどハチクロを夜更けまで読み直してたりした。

(ネタバレありますんで、ご注意)
 * * *

したっけ、
原作でのことを忘れてたりして。 ←こんなんでもファンなの!
あ、こんな話だったっけか?なんて思いながら
(真山は割りにチャラいキャラだったし→モテキャラってことね。
物語が始まった時点で、すでにもう真山とあゆは仲良しではあったのだ。
出会いの場面を映画でやってくれたような感じだ。
あの長まわしには、やられた。
あゆの恋心がリアルに伝わってきた。
とんでもない印象の森田さんが、あゆには普通にやさしかったり
はぐにも・・・わかりずらい方法ではあるけれど
好意を示していたんだな、とか。)
またまた泣かされてしまったりしていたのだけれど。


まったく違う話ではあるんだけれど(これ重要)
よく煮詰めたエッセンスがぎっしり、なのよ。
両方それぞれに良いのだ。

気持ちの揺れ動き、というのは
漫画の方が伝わってくる。自分の中の気持ち、が、ぎゅーーっと掴まれる。
こう、、内に向かっていく、って感じ。

リアル感、というのは
映画の方が伝わってくる。
途方にくれた感、情けなさ、・・・ちょっと恥ずかしいがトキメキ、、っての?
(真山の情けなさっぷりがこれまた素晴らしい。。)
(森田のとんでもなく何も考えてないところと
不器用に人と接する・・・とまどいが感じられてよかった)
・・・恋に落ちるのは一瞬だ。
なんでなのか・・・自分でわからない。
そのリアルな感じ。
その人のためにできることなんて、ほんのすこしもないんじゃないか、っていう思い。
こう、、外側に広がっていく、感じ。
納得しちゃったもん。あの表情に。
これはアリだと、思った。
その思わせ方が凄い、と思った。

賛否両論あるだろうとは思う。
原作そのまんまをね
映像化することは不可能だし、それをしたら、、、、、きっと面白くないと思うんだけれど。
映像で表現する利点を見た方がいいと思うんだけれど。
まぁ、、そこが好みが分かれる所なんだろうなぁ・・・。
おいらは好み、でした。
なにより笑えたし(笑)


それに。
これは、、あれかな
映像と画、の距離感の違いなのかな。
ちょっと別の角度からも見てしまえてました。

美大生である彼らの葛藤は、、、俳優である彼ら自身の葛藤でもあるんだろうな、と。
彼らはどうやって現実と折り合いをつけているんだろう。
ハチクロのインタビューを見てても
作品と向き合い、きちんと自分の言葉で語ってる。
仕事だから、と言ったらそれまでなんだろうけれど
取材、ということで
同じことを何回も聞かれているだろうになぁ、なんてなことも思ってしまう。
表現をすることと、生きていくことが繋がっている彼ら。
そういう風にしか生きられない切なさも垣間見えるようでもあり。
そのせめぎあいといったら、、、
想像することすらできないけど。できやしないけど。
それぞれのフィールドで生きてるんだなぁ、
・・・なんてなことも感じましたとさ。
そんな風に思うのも、
映画という媒体を通して、私とも繋がったから思うことなのであって。
その不思議さ。不思議ね、縁て。


ちなみに一緒に見たYちゃんは泣けなかった、と言ってた。
おいらはダダ泣きでした。
真っ只中の人には、ピンとこないのかもしれないっす。
もう、、、過ぎてしまったから、見えているのかもしれないんすよ。

いろんな視点、というのを意識できるんだね、、映画って。
面白かったです。
映画三昧 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
「過ぎてしまったから見える」
同じく「過ぎてしまった」自分には
なんて説得力のある…(苦笑)
私も原作&アニメに思い入れがあって
「画」の世界が「映像」に「人間」になっちゃうのはなぁー
とハナから見に行く気はなかったのですが
けいさんの日記を読んでがぜん見たくなりましたわ!
よっしゃ!久しぶりに「乙女泣き」しにいきますかっ(笑)
コメントありがとう♪
わー!
おいらの言動が人を動かしたーわー!
ほんまかー!
・・・なんか嬉しいような責任重大のような(笑)
コメント頂けて嬉しいです。ありがとうございます。

わたしも実は見る気はなかったんですよ。映画ハチクロ。
それがねー。こんなことに。(笑
一緒に見ていたハチクロ好きのYちゃんも
泣けはしなかったけれど、爽やかでよかったよね!と絶賛でしたのよ。
まりえさんにも気に入っていただけるといいなー、と祈ります(ふふふ)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。