ランキングチェッカー
加瀬亮、という人 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/01.Sun

加瀬亮、という人

「アンテナ」という
加瀬亮が主演した映画の
オフィシャルを何の気なしに見ていたら。

この人のことを知ったのは2001年だった、ということが
思いがけずにわかってしまった。
そっか、そっか、そんな前だったか。

せっかくなので
加瀬とのいままでを書き出してみました。

ここの公式はとっても親切で
プロフィール欄に
何年のどのCMに出演して、
どの監督の作品だったか、ってことまで書いてある!!(素晴らしいっ!)
(ちなみにTV作品も監督名も放送局まで!!ちゃんと書いてある。素晴らしい。)
(映像好きが編集したに違いない。)


気になっていたんです。この人のこと。
CMで見かけて。

覚えてる人もいるかもしれないけど
豊川悦司と共演した、、あれはKDDIのCMで。
ホテルのポーターのチャックが開いているのに気づいた豊川さん演じる支配人が
なんとかそのことを伝えようとしてるのに、、
ポーターには、気があるの?みたいにヘンに誤解されちゃって。違うよ!違うってば!!

・・・伝わってる?

のコピーが印象的なCMで、
そのポーターの役を彼、、加瀬亮が演っていたんです。。。2001年の製作ですって。
(監督は三木俊一郎さんだ、、、ぷ)
(笑ってしまった理由は後ほど。) 


そして、、ananに気になる男、、みたいのに載っていたのを
たまたま目にして・・・
そこで名前を初めて知った。(これは2003年だったそうです。)



そして。2006年。
もともと原作のファンだった映画「理由」を見て
原作にその人となりがほとんど記述されていない犯人役を
見事に演じている俳優が加瀬とわかり
(映画を観ている時点では没頭して観ているので気がつかなかった)
ますます気になる人になる。
そして、「ハチクロ」の冒頭の
長回しの後頭部に惚れる。(そこにかよ)

・・・惚れるまでに時間掛かりすぎ(笑)


すごいのはね。
何年も前のCMですよ?
しかも、おいらはTVを観るのが苦痛なくらい体調を崩していたこともあるのに。
それなのに覚えてるのがいっぱいあるんだもの。
え?これにも出てた?えー?これも?

中山美穂と共演したキリン一番搾りのCMで「山菜!(さんせい)」とダジャレを言っていたものや
NTTのCMでタイの山奥で先生をしているというもの、
たしか銀行のCMで
(印象として)学会の会場を抜け出して
携帯で電気料や家賃を払ってるスーツ姿の男、というものなどが
印象に残っていて、好きなCMです。
最近ではハセキョーや坂口憲二が出演したdocomoのFOMAのシリーズCMや
ipodらしきもので音楽を聴きながら、踊っちゃってる男の子の頭が
いきなり巨大なアフロになっちゃう
へんてこなCMがありましたが、、ほとんど顔が判別できませんが
あれは加瀬が演じてたそうです。
(監督は石井克人さん)
後で判って、びっくりして大笑いしました。

映画好きの間では、実力派と一目置かれる存在ではあったようで。
次世代を担う若手監督の作品に多数出演している、ということも
わかりました。
その、、、呼ばれるキッカケ、というのは
CMでもあったのだなぁ、、と。

気になりだすと
めっちゃ気になる人でして。
ちょこちょこと出演作を見るようになりました。

おかげで、
邦画、面白いじゃん!!、と
気づかされてしまいました。
この人の関連で
好きな監督も何人も見つかったし
邦画ライフの幕が上がってしまったようです(嬉しそう)

(先に出た三木俊一郎さんもそのひとり。
彼はCMなども撮っている監督さんではあるのですが、
「FROGRIVER」という加瀬主演のDVD作品に、
女装趣味のガテンさんとして役者出演しています。
これが、、、笑っちゃうくらい美しくて、可笑しいんです。もう、サイコーです。
他に「FROGRIVER」を監督したANIKIさん、
「FROGRIVER」原案の石井克人監督(この方も本編に役者として出演。)、の三人で組んで
「ナイスの森」というとてもナイスな映画も送り出していて
この人たちは大のお気に入りになってしまいました。)


顔も判別できないくらいの役もあり、
(引きで撮っているので)
映像の中で違和感なく自然な佇まいをしてるので
加瀬が演じている、ということに気がつかないことがある。
それだけ役になってる、というか、与えられた仕事に埋没している。
見てる側にも、その役柄以外のことが浮かんでこない。
なのに
動きひとつで自由にイメージさせてしまうような、
透明感のある印象、なのに
確かな存在感。

なんなんだろう、、この人。。

知れば知るほど、、、観れば観るほど
惹きつけられていく、、、不思議な人です。
なぜか、惹きつけられる。世界がひろがっていく。

写真集なんて。
買う趣味はなかったはずなのに
思わず手にとってしまい。。。。。思わず買ってました。

Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品 Bellevue Ryo Kase―加瀬亮-写真+言葉+全作品
Takashi Homma (2006/07)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る


静かで懐かしい香りに包まれている
不思議な写真(の集まったもの)。
彼は、、、、周りにいる人たちにも
とても愛されているんだろうなぁ、という感じが
やさしく匂うような本。
そんな佇まいのあるステキな写真集を作ってしまう人たちに囲まれた
加瀬亮という人。

好きになったら
是が非でもいろんな情報を知りたくなるのは人情ではあるんだけれど
この人の場合
ゆっくりと好きになってきた所為もあるのかもしれないが
彼の出演したきた作品をゆっくりと消化して行きたいような気がする。

幸いにも。
彼の出演する舞台のチケットを手に入れることが出来たので。
惹きつけられてしまう、、好きな気持ちを熟成させて
彼の放つ生命力のオーラをしっかと受け止めようと。

へへへ。楽しみ。
映画三昧 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。