ランキングチェッカー
容疑者 室井慎次 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/22.Sun

容疑者 室井慎次

見ましたねー。
重厚で、緊迫感のある映像
田中麗奈さんの凛々と一直線に走る姿が印象的でした。

室井慎次、という
背中で語る男の姿、をねー。
上手く演じてたと思いますねー、、、。
ほとんど、、黙ったまま、ですもんねー、主役なのに。
それは、唯一室井が何があったのか、を話す場面を鮮烈にするためのものだったんでしょうけど。
してやられましたけど(笑)
できれば、話したくなかったでしょうね。
触れられたくもなかったでしょう。
ああいう硬質の不器用さを持ってる方もいるんでしょうね、、きっとね。
なんていうんでしょう、、
将棋の駒には
前にしか進めない、とか斜めにしか進めない、という駒があるそうですね。
そんな風にしか生きられない、というか
それしか知らない、っていうか
なんか切ないですね。なんとなくね。
おいらよりも上の世代には、なんとなく多いような気がします。

緊迫感、抜き差しならない緊張感が
見てるこっちにも伝わってきちゃって。
最後にはちょっと疲れちゃうくらい。
それは、監督の思うツボだったのかもしれないですね。

真矢みきさんの凛々しい存在感、法律事務所の女性職員の不気味な存在感、田中麗奈さんの瑞々しさ。
参考人として呼ばれてる女性のしたたかさ。
女性陣も見ごたえアリ。

ヒロインとの間の変化がお弁当だった、っていうラストが
さりげなくて、なかなかいい感じでした。
映画三昧 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。