ランキングチェッカー
変わりゆく母 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/12/04.Mon

変わりゆく母

このあいだ電話がかかってきて。

一通り用件を伝達し終わったと思ったら


”あのさー”

と言い出した。
何事かいな?と思ったら

”さださんがね(さだまさしさんのこと)宇都宮に来る、
っていうのが(地元の)新聞に載ってたんだけど・・・”
”発売日、いつか調べてくれないかなぁ”

え?
かーちゃんからそんな言葉を聞くようになるとは!!!!
そんな日が来るように、と思いながら
いろんなとこに連れて行ったけど!
ついにその日が!!(笑)
ちょっと大げさですけどね(笑)

父が定年を迎えたこともあり
一日中ね、父と顔を突き合せなくてはならない、というのが
どうしたもんかい?という命題になったようなのです。
前から愚痴が多かったですけど、
輪をかけて多くなりましたんですよ・・・。^^;
そんな母を見ているのは嫌なので
なんとかならんか、、、と知恵を絞ったです。

父はほんとーにマイペースで生きておりますんで
友達をすぐに作ってしまって、どんなところでも楽しんでいける人なんですが。

(これはほんとに感心してしまいます。我が父ながら。
自分のしたくないことはしませんし、それを静かに通してしまいますし、
それに、いいお友達に恵まれる人なんですよねー。
年寄りになって、あちこちから遊んでもらえるっていうのもいいことだなとも思います。
この人ほど幸せな人はいない、と思っております。はい。
 ちょっと毒含んだ発言ですけど 笑)

ただ、、母とはペースがまったく違うので
母自身で楽しむペースを作る必要があったんです。
楽しむ、、というか上手な気分転換の仕方、を確立すること、ですね。

家のため、家族のため、懸命に生きてきた人なので
いざ、好きなことやりなさい、楽しんでいいんだよ、って言われても
どうしたらいいのかわからないようだったのです。
妹が歌舞伎に連れて行ったり、私が連れて行ったりっていうことを
何回か繰り返してはいましたが
妹も嫁に行き、私も、、自分の楽しみに忙しくなったり(笑)
そうそう付き合ってはあげられなくなり、、、

母が年金をもらえるようになった、ということを機に
(多少自分で自由に使えるお金ができた、っていうことでね)
母が自分で楽しむことが出来るように
楽しめるように、自立させるようにということを念頭に
suicaの使い方を教えたり、スタバのあるところをおしえたり
落語のCDが売っていると教えたり、さださんのトークCDがあることを教えたら
欲しいので買いたい、とも言いました。
ワタシの勤務地までひとりで来させて、ワタシが来るまでの間に
デパートを巡らせたり、芝居をみたり
(この時、初めてひとりでデパートに来て、自分の服を買った、という発言にちょっとびびりました。
そんなにこの人、自分のために時間を使うことがなかったのか、ということがわかって。)
(これはなんとかしないと、と思いました。)
旅行にも連れて行きました。
今年5月の出雲への旅は、今度は自分で行きなよ?
これはリハーサルだからね、的ニュアンスも多分に含ませた企画だったのです。
(でも結局、9月にも行きましたけどね、、、えぇ。引率しましたけど 笑
そうしましたら、母は電車の旅が、案外に好きだ、ということがわかったり、という発見もありました。
大阪から日本海を通って北海道に行くトワイライトエキスプレスに乗りたい、、とも言いました。)
そうそう、、この人を樋口さんのインストアに連れて行ったこともあります。
ライブ中は母をひとりにしました。(わざと)
ワタシは離れていた所から見るようにしてました。
でも、面白かったねーと言っていましたよ(笑)


その経験を経た上での
あの発言(笑)
・・・ついにきた!(やった!)

ちょうどPCを開いていたので
ぴあを検索すると
残りわずか、、との表示。
枚数はどうするの?なんてな話をして
チケットを取ろうとクリックしたら

売り切れました” の文字(がーん)

あーた、そういうことは早くにいいなさいよー
・・・半分逆切れ(笑)
チケットが取れない悔しさを知っているだけに文句倍増
用事より先に言ってたら取れたかもしれないのにーーーーっっ
・・・・母もいい迷惑(笑)
今回はちょっと気がつくのが遅かったのと
やっぱり行くとしたら
ひとりで行くのでいくぶん躊躇があったようなんです。
宇都宮は知っている土地ですが
会場となる場所がちょっと不便なところにあるのが難点で・・・。
とまどいを隠せなかったようなんです。
(そのとまどいがチケット逃す原因だったよねっ)←ここいらがおいらが怖がられる一因。

今回は残念だったけど
今度、見つけたら
すぐに連絡してね、
そしたら、チケット取れるかもしれないから、などと言って、電話を切りました。


この話には
後日談があります。
電話を切ったその翌日、
さださんのコンサートチケットの案内が書かれているチラシを
母は発見したのです。
(母は生協の共同購入をしていて、その購入申込書の中にチケットの案内があったのです!盲点!!!)
わからないことがあったので、自分でちゃんと電話をして聞いて
確認をして
(その時応対してくれたお姉さんがとても親切にしてくださったそう。ありがたい、ありがたい。)
無事に申し込むことができたそうです!

”嬉しくって、お姉ちゃんに、(ひとりでも)できたよ!って電話したくなっちゃったよ!”

場所は宇都宮ではないのですが
(これにもちょっとびっくりだけど)
母には馴染みのある場所なので、行くことを決断できたようです。
申し込み多数の場合は抽選になるでしょうから
チケットが取れるかどうかは、まだわかりません。
でも、母のこの行動には拍手を送りたいです。
やれば、できんじゃん!
母は、自分で扉を開いたのです。

もし、これでチケットが取れなくても
次に繋がるので、これはこれでいい試合をしました!(試合? 笑)
(おいら、、、体育会系?)
素晴らしき日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。