ランキングチェッカー
タイトな音のシャワーを存分に浴びて。 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/28.Thu

タイトな音のシャワーを存分に浴びて。

いくつかの心配事はありつつも
そんなものは
その都度
ぶっちぎって
会場に馳せ参じてしまいました。

The pillows wake up tour

地元のね
ちいさなちいさなライブハウスで行われたのです。
初めて行きました。
実は通勤の駅の傍にあるのでとても便利。
・・・なんだけど、今まで一回も行った事がなかった。

・・・・だって。。。。
なんか怖かったんだもん(汗)

今回のpillowsだって
愉しみだったけど、実はどきどきで。
どうしたらいいんだろう、、と、きょときょとした面持ちで
会場への道を小走りに向かっていたんだ。
ライブハウス内はきっと若い子たちばかりだろう、、
場違いなのはわかりきってる。
でも、、聴きたいんだ、pillows。
聴かせておくれ、、その気持ちだけ抱いて、走ってた。


7じ開演、というのに
7じまで会社にいた。
なのに、7じ10分過ぎには会場に到着。
(なんてミラクルさん!)
若干・・・気が急きながら
地下へと続く急な階段を恐る恐る下りていった。


”奥の方につめてくださいね、”と言われて
中に入ったはいいが
会社帰りそのまんまの姿で会場入りしてしまったので
肩から提げた荷物もそのままということも忘れていて
既にもう歌っているpillowsを目にしたら
あ、そうだった、、と
荷物のことを思い出し、そこから先に進めなくなってしまった。

入り口傍にはスタッフさんが陣取ってるし
後ろの方にはなんとなく視界を塞いでしまってるような気もして
(大抵の女子よりは背が高いからね、、おいらは。。)
なんとなくいたたまれない、、的雰囲気の中で
たぶん、、一曲めであろう曲の途中から聴く事が出来たのは
ラッキー、といっていいでしょう。

ライブハウス、ってあんなに狭いんだね、、
soldoutになった場内は割合空間の余裕もあって
すし詰め、という感じには見受けられない。
後ろの方ではあるけれど
歌ってるさわおさんの表情もよく見える。近い!距離が。
それに音が、、、、とてつもなくかっこいい。
叫びだしたくなるほどかっこいい!
顔がにやける。

もう、どうでもいい。
音に乗れ。ステップを踏め。
音のシャワーで
全身に張り付いた
こわばった鎧が溶け出していくようだ。

live直前になってから手に入った
ベスト盤”fool on the planet”に収録された曲もずいぶんとあった。
もちろん
newアルバムの”wakeup!wakeup!wakeup!"からもずいぶんと!
知ってる曲が演奏されるとやっぱり嬉しい。
まったく知らない曲は2~3曲あったかな。
いちばん盛り上がったのは「youngster」の手拍子かな(笑)
是が非でもこれだけは聴きたい、と思っていた「scarecrow」は聴けた!
かっこいかったーー!!!

以下順不同歌った、と覚えてる楽曲
「propose」
「the pleasure song」
「serious plan」
「sweet baggy days」
「プライベートキングダム」
「インスタントミュージック」


”高価なアコースティックギターを買ってもらいました”と二回言った後
(よっぽど嬉しかったらしい)
歌いだしたのは
サイモン&ガーファンクル。
歌いだしてから
会場に欧米の方を見つけて慌てたそうです。(笑)
そのあと
いかれた38歳のラブソング、、と前置きして「boathouse」を。


どうして僕のこと嫌いにならないのか、
どうしても不思議だよ
ただひとりの理解者

ありがとう、、君が好きだよ


可愛いんだよな、この歌。
すごく、、、正直な歌だな、、って。(うふふ)
同い年のさわおさんに近しい気持ちを抱いてしまうね、まったく。


さわおさんは終始上機嫌。
宇都宮も含め、今回のwakeup!tourはsold outらしい。
ずいぶんとテンションがあがってしまって

”完全に息が上がっちゃった・・・”
”見ててわかると思うけど、俺、上機嫌だから”

などと言いつつ
ギターを抱えたまま客先へダイブ!
だいぶに楽しそうだ(笑)

一回目のアンコールの時
拍手が一定に盛り上がらなくて
”お前ら、もっと練習しとけ!出られねぇ!!”とお叱りを受けたこともあってか
メンバーがハケても
客電がついても
youngsterがかかっても半分くらいはそのまま居残り、
手拍子に合わせて大盛り上がり。
アンコールの催促の拍手も力強く、粘り強く
メンバーが出てくるのをひたすら待つ。信じて待ってた。

そしたら

”おまえら、帰れよ・・・”と

苦笑いしつつ
出てきてくれた!思わずステージに駆け寄る。
盛り上がり沸き立つ場内。
さわおさんの正面、、1mもないよ!
・・・すげぇ!!

”おまえら、、他で言うなよ?まだ何公演もあるんだから、、、”
”どこに行っても見かける顔がいるから、おまえらが他で何て言うかだよ、、”
”もう、わき腹が痛いんだよ!・・・・でも楽しかったよ^^”

そう言って
始めた曲は”ハイブリッドレインボウ”

盛り上がらずにいられるか!
思わず飛び跳ねる!飛び跳ねる!
一番最後に来て、こんなことになるなんてーー!!
うれしすぎるーー
きゃーーっ

んで、
前のほうに来て初めてわかったけど
こりゃ、空気薄いや、、、酸欠にもなるなぁ、、
・・・だから途中で退場した人が何人もいたのか、、と合点がいった。

帰り道。

汗まみれになったシャツを
物販で買ったツアーTに着替えて
電車に乗り
ipodで「wakeup!wakeup!wakeup!」を聴きながら
家までの道をちょっと遠回りして
歩いていく。

月夜に響く”スケアクロウ”

ライブの余韻に浸りながら
ふわんふわんと歩を進めていく
こんな時間がとてつもなく好きで
とてつもなくシアワセだと思った。

ありがとう。全てに。
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。