ランキングチェッカー
妖精は知っている。 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/11/20.Tue

妖精は知っている。

日にちが前後するけれど
土曜日には
妖精に会いに行った(笑)
それは
横浜に住む大叔母のこと。
(母方の祖父の妹にあたる人)


うちの母もワタシも妹も
二代に渡ってとても世話になった。
もう、祖父母が全員他界してしまった今では
おいらを無条件に可愛がってくれる唯一無二の人。

半分寝たきりになってしまったので
なかなか様子を見にいけなかったけれど
母が「ちょっと、様子を見に行きたい、」というのにくっついて
ちょっとどきどきしながら訪ねていったら、、、

元気そうな姿で出迎えてくれた。
この間様子を見に行ったのは3~4年前のことになるか、、
その時は元気のない様子だったけれど
(今の方が元気だ!)
ニコニコと玄関先に立っていてくれた。

そしてワタシをみて、一言、、、



「○○かと思った・・・」(○○にはうちの母の名が入ります)



ちょっとー!!ワタシ、そんなに年取ってないわよー!!
なんてな冗談に皆で笑いつつ

(最近は母に似てきた、とよく言われるようになりました。)
(大叔母の前では母は若い頃のまま、ワタシはまだ赤ちゃんのままです。)

おじさんとおばさんとでお茶を飲みながらお喋りの花が咲く。

もう、、ワタシが記憶に残ってる頃からでも
35年以上のおつきあいになるんだなぁ、、と。しみじみ。
おばさんがまだまだ若い頃の様子などから
現在を見てみると
随分と小さく丸く、朗らかになった。
いらないものは全てどこかに置いてきた様な清清しい表情。
まるでコロボックルみたいに妖精のごとき可愛らしさ。

おいらを指して


「別の人みたいに綺麗になったねぇ」



そんなことを言ってくれるのはこの人ぐらいなものです(笑)
前に会った時は
今よりもずいぶんと太っていたのでびっくりしたようです。
そして、こうも言いました。


「けいちゃんは、声がいいね。よく通る声だね。」



そう言われたのは初めてなので
ちょっとびっくりしました。
でも、、声、というのは実は自分が一番気になるし、気をつけているところなのです。
声、、というのは気持ちが乗りますから。

大げさな言い方かもしれませんが
生き方だとか、その人の本質まで見えるような気がしてるんです、おいらは。
その際、美声だ、とかっていうのはあまり関係ないんです。
声の姿、、とでもいうのかな。
相手の耳に届く姿、というのはその人自身を表しているように感じているのです・・・。
だから、、声を出す時は
気を配っているようなところが、、、おいらには、あります。。


なんだか、、そのことを言われたみたいで、、、
ちょっとびっくりしました。


”知ってるよ、、”

そんな風に言われたみたい。
でも妖精なら、そんなくらい、、気がついちゃうかもなー。にゃはは。






素晴らしき日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。