ランキングチェッカー
名は体を表す へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/12/26.Wed

名は体を表す

・・・・とは言うけどね。

実感としては
書き文字はその人を表す、様な気がしているよ。


(そういえば
おいらとまったく同じ漢字の名前のお嬢さんに出会った。
習字とかで自分の名前を書くとき
バランスが取れなくて
嫌だなぁ、と思ってた、とのこと。
名前の漢字を判ってもらいたい時に、「どうやって言います?」
などとお話する。
・・・やっぱりおんなじ表現の仕方だった。ぷぷぷ。)
その人自身を、、、というのが言いすぎなら
その人の状態、、というのは表してるような気がする。

唐突なようではあるけれど

ずっと愛用していた会社内での筆記具を
変えた。
それも思いつきで。



働き始めた時は
ふつーのボールペンを支給されていたような記憶があるよ。
そんで
伝票などで
あまりにもいっぱい
字を書かなくちゃならなくて
指が痛くなったりしたこともあって
力をいれずに書ける(であろうとの推測の元)
水性ボールペンに切り替えて
レフィル(替え芯)を購入しながら
ずーーーーと愛用してきた。

けど、ある日気がついた。
やっぱり力が入っちゃってる。
筆圧はそれほど強くないのにペンを持つ指に力が入ってる。
・・・・疲れる。
なら、替えようや。

・・・・ってことで
また油性ボールペンに戻ってきた。
疲れない、、と評判の筆記具となって。


ある程度の太さがあったほうが
力は入れないで済むみたいだ。書いててもラクだし。
思いのほか思いのほかの買い物だった。

(そりゃ普通のボールペンの何倍もする値段はついてるから
当たり前だといえば当たり前なのかもしれないけれど
多少の差、でストレスなく快適になるんだったら、
そのためのお金は使ってもいいと思ってる。)

そして
文字にも変化が。

余計な力が入らなくなった分
余裕が生まれ
文字がのびのびとしてきた。
そして。
文字の大きさが大きくなった。

おぉぉ。
そんな事が起こるとは。


筆記具ひとつで、変わるもんだなぁ、、

今はとてもらくちんな心持でおります。
唐突にこの筆記具を選んだ、、ということは
私の中で何かが変わったんだろうなー、、
だからこの筆記具を選んだんだろうなー、、、みたいな気もしています。




そして
水性ボールペンは別のところで愛用しています。
仕事では
考え中の作業用に。
そしてプライベートでは主に日記用に(笑)


念願だった
ほぼ日手帳をついに手に入れ、
(届いたのはイブ。満月の日、でした。 にひ)
(手帳はほぼ、日記となるのがワタシの使い方。)
・・・さて、筆記具はどうするべか、と考えた。

おまけの油性ボールペンがついていたのだけれど
どうにもしっくりこない。
日記用に、と水性ボールペンを購入していたのだけれど
これも、しっくりこない。

・・・はて。

と、困った所に飛び込んできたのは
二色使いの水性ボールペン。
しかもその二色は自由に選べるのだ。

(キラーン)


こういう愉しい感じ、っては
とってもしっくりくる。

(このボールペンは三色使い、のカスタマイズ可のシリーズがある。面白い。)

そしてとっても
シンプルな選び方、の赤と青、にした。
でも
色合いからすると
水色とピンク、といった面持ち。
名前もついてる。
アクアブルーとチェリーピンク。

書き味もイイ感じ。
・・・当たりだ(笑)




来年はこの二色でいこうと思います。



素晴らしき日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。