ランキングチェッカー
松島に行きまして。 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/03/24.Mon

松島に行きまして。

テンフィのライブで仙台に行きまして。

そして現地の友達に松島に連れて行ってもらいました。
非常に天候に恵まれまして。
松島湾を一周する
遊覧船に乗りました。


kamome.jpg


こいつら怖いって。
エサもらえるのがわかってるので
襲ってくる勢い。
エサはかっぱえびせんなんだけど(笑)
袋に頭を突っ込んで食べようとする輩がいてびっくり。



matushima.jpg


ここの海はエメラルドグリーンの色をしているのね。
島が点在している姿は
とても美しかったです。

こんなことを思いました。
”(島が点在していると)淋しくなくていいなぁ、、”と。

海なし県で育っているせいか
海に対する素朴な憧れはあるのですが
それと同時に畏怖もあって。
八丈島に行った時
大海原、・・・・見渡す限りなにもない!海だけ!・・・の状態が
ちょっと怖かったんでしょうね。
その時は言葉にはなりませんでしたが
そんな風に思っていたんだな、ってことが
松島を見たときにわかりました。

zuiganji.jpg


それから瑞巌寺へ。
遊覧船乗り場の向かい側が瑞巌寺。
知らなかったけど国宝なのよ、瑞巌寺。

zuiganji2.jpg


とても綺麗なお寺さんでした。
前夜のライブ時に
ビートクルセダースのヒダカさんが
仙台のことを
”おしゃれタウン仙台”と言ってましたけれども
伊達は伊達だなー、と思いましたよ。
撮影禁止だったので
本堂の中の画像がないのがザンネンですが
足を踏み入れた途端

”なんだか二条城みたいだね・・・・”

この仙台在住のともだちとも一緒に
去年の5月
京都に半日観光に行っていて。
二条城にも行ったので
ふたりともなんとなくその感じ、、を覚えていたのでした。
そしたらともだちが
パンフレットから見つけてきましたよ、そういう記述を。
この本堂は政宗公が材料は熊野から
職人を京都から呼んで作らせたものだそうです。
お寺さんではあるけれど
控えの間、などが金箔、きんきらきんで
エラい人が来る用に作られたのかなぁ、という予想がぴったり当たって
二人で笑いました。

本堂に隣接した庫裡と呼ばれるお堂には
高村光雲が製作した
すっげー綺麗な極彩色の観世音菩薩像がありました。
お庭には紅白の対の梅が咲いていたり
宝物殿が十年ほど前に建設されたようなのですが
これもまた
下手な美術館よりよっぽど充実してるよ、
これなら拝観料払うよ、そら、ってなねー
なかなかな建物でしたよ。
展示物も見やすかったし。
宝物殿のロビーから参道が見渡せる
ショーウィンドウのような大きなガラス張りの窓があったんだけど
参道の杉並木と参詣する人々の様子が
これがまた一枚の絵のように美しくて。
狙って作ったか?誰が作ったんだ!と思いつつ
ソファーが置いてあったので
絵を眺めるように休憩してましたよ。ほほほほ。

いちいちいちいち洗練されていて、伊達さんすごいなぁ、と唸りました。



これは松島で食べたもの。


sasakama.jpg


出来立ての笹かま。
一本150円。
後ろに移ってるのは南部鉄器。
これでお茶を入れて飲み放題。
150円でいい休憩ができましたよ。

kaki.jpg


かき丼。
松島のカキのシーズンは3月までなので
ちょうどぎりぎりセーフ!で間に合いました。
当たり前かもしれないけど
臭みもなく、とっても美味しかった。
カツ丼ならぬカキ丼、といった感じ。
カツ丼よりさっぱりしてたね。

ここでともだちがこんな話をしてくれた。
大阪から来た人に
”せっかく松島にきたんだからカキが食べたい”とのことで
お店に連れてったら
その関西から来た人は松島のカキをみて
”小さい、、、、”とがっかりしてしまったんだそう。
関西圏の人は
主に広島のカキを食べているので
カキは大きいもの、という刷り込みがあって
それと比べてしまったのだろう、、と言っていました。
広島と松島はカキの種類が違うのだそうですよ。
ちなみに
仙台っ子の彼女は
”広島のカキは大きすぎて気持ち悪い・・・・”と言ってました(笑)

hotate.jpg


これは焼きホタテ。
他につぶ貝やイカ焼きもありました。
土地の人にとっちゃ
当たり前なのかも知れんけど
・・・・美味かった!


↓これはおまけ。
松島に向かう電車に乗ったら
ちょっと変わった車両でした。
石ノ森正太郎のキャラクターが描かれた車両でした。
仙台っ子のともだちも初めて乗ったよ!と嬉しそうでした

densya.jpg
お気に入り | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。