ランキングチェッカー
10-FEET''VANDALIZE''TOUR 2008 in zepp Sendai へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/03/25.Tue

10-FEET''VANDALIZE''TOUR 2008 in zepp Sendai

10-FEETのライブ。
行ったんだー。(じーーん)



ほぼ一年を待った、といっていい
今回のライブ。

リベンジがかなって。

ものすごい楽しみにしてた。
そんで
その期待を大きく上回ったライブだった。




あいつら、すげーよ・・・・。
対バンはビークルさん。

体力温存のために
おとなーしくおとなしく後方から見ていた。

ビークルさんは
おととしのカウントダウンでも観た~~。
仮面の印象がものすごくて
素顔はみているはずなのに
全然思い出せないんだなぁ・・・・。
そんなボーカルのヒダカさんは
おいらと同い年~~~

ビークルさんではおなじみの
○○○ココールをテンフィファンにもさせる。
しかも女子だけ、と限定もさせてコールさせる。
(・・・・それってどうよ。。。でも、まぁ、いいけど。)
MCがとてもおもしろい。
カウントダウンで観たグループ魂と被るなぁ。。

世界のナベアツならぬ世界の○○←ここにはメンバーの名前が入る。ギタリストかなぁ。半ズボンにスーツジャケットを着た面白い人だった。
だいぶに笑かしてくれました。

ボーカルのヒダカさんが
仙台ピープルなら誰でもご存知のなんとか、、って店で買った
”Tシャツとズボン(を着てステージに立っています)です。”と言ってだいぶにウケてました。
そんなヒダカさん、
MCの中で
「おしゃれタウン仙台」、とも言ってまして。
このコピーがおいらの中でとてもhit。

次の日の松島観光でも(仙台)さすがやな~と思うと
この言葉が飛び出し
友達と二人でけらけら笑っておりました。
その時に友達が言っていたんだけれど
元黒夢の清春さんが
仙台にくるのを楽しみにしてるのは古着が充実しているから、とも話していたらしく
やはり、”おしゃれタウン仙台”なのね、と納得したんでございました。

そんな愉しいビークルさんのステージが終わって
満を持してのテンフィのステージ。

会場内は男子、女子、ともに半々、といった面持ち。
ポジショニングは
後ろの方にいて
自由にしてたいなー、と思っていただけで
特に何も意識してなかったんだけど・・・・・・・・タクマ側に陣取っていた。

(自分、エラい!!)

ふ、とステージに近い
関係者さんが陣取る二階席を見上げると
車椅子の方が。
エルレのライブ時にも
車椅子の方がライブを観ていたけれど
今回のテンフィにもいた。
彼もライブを楽しんでくれるといい、、、。

ダビデでも見ていた
あのオープニングが流れると
なんつーのか
血湧き肉踊るというのか
アドレナリンがぶーーーーゎーーーーと出まくっていたような気がする。
セーブ気味にしてー、、、とは思わなくもなかったんだが
演奏が始まった途端。


もうそんなことはどっかに飛んでってしまったね。


二曲目からは
汗がうーわーとあふれ出し。
気がつくと
後方のはずなのに
モッシュ軍団と微動だにしない一群のあいだに挟まれてしまった。
うきゃー。
当たり負けしないよう、、、というか
転ばないように踏ん張るのが精一杯。
微動だにしない一群からはぶつかると叩かれて抗議されるんだよなー、、、
(んなこと気にしなかったけど)
・・・にしたって
飛んでくる人には飛ばされちゃうんだよー(泣)

でもー
いっぱい歌ったし
(周りの人の歌声も聞こえてきた)
いっぱい大騒ぎした。

タクマがMCでポツリと
”強くなりてぇなー、”と言った。

ちょうどライオンが演奏されてるときに
時間差でこみ上げて来て
くちゃくちゃの顔になってしまった。
自分がただただ負けないように、、強くなる、、ってことじゃないんだってのが
ものすごく強く感じられて
何かの出来事や関係性に対して何も感じない、、、
凹まない、落ち込まないということが強さではないし
うまく言えないけど
もっと大きな意味の
全体を包み込むような”強さ”ということを言っていたような気がする。
あの言葉には
どんなことがあっても
前を向いていく明るさが内包されていたような気がして仕方がない。

強さってなんだろう、、、泣きながらそんなことも思った。

泣きながら
beautifulworldを、、riverを歌った。



アンコールでは
ビークルさんのギターの人(なのかなぁ)と同じ
赤いスーツジャケットに半ズボンの姿で・・・・・タクマが登場!
盛り上がる場内。
ぉぉぉぉぉぉーーーー!!!!
なんて人なの!
エンターティナーだわーー!
大好きだよーーーーぎゃーーー!!!

ラストはcherryblossom。


最後まで。
最初から最後まで。
テンション高いまま。
走り抜けたライブだった。
全部出し切った。
正直膝が痛かったけど
最後まで走りとおせたのが嬉しかった。
桜も見れたしな。

ライブ終わり、、撒いた桜を自然に拾い集めるおいらがいた。
知らない人に”ゴミどうぞ”と言ってもらい
彼女の持っていたビニール袋に拾った桜を入れた。
”(桜、)髪についてましたよ、”と声を掛けてくれ
桜を手渡してくれた女の子もいた。

なんだかとても清清しかった。

カラカラになった喉
よろよろになったカラダをひきずって
近くのコンビニで食料を調達しようと
レジに並んだら
後ろに並んだ兄ちゃんが
ぜぇぜぇでよろよろになっていた。
さすがに声は掛けられなかったけど、、出し切ったな!お互い!!
という気持ちでいっぱいになった。

ホテルのエレベーターの中で
ビークルさんのTシャツを着たひとりの女の子と一緒になった。
運よく
同じ階で彼女もエレベーターを降りた。

あ、なんか言いたい。
なんか声掛けたい、、、でも・・・・
逡巡することコンマ5秒。

神様はそんなおいらにちょっとした微笑をくれたらしい。

ビークルさんのTシャツの子が
持っていた小銭をチャリーンと落とした。

(あ、チャーーーーンス!!!!)

小銭を拾って
手渡しながら

”ライブ愉しかったですね!(にこ)”
と言ったら
”愉しかったですね!(にこ)”
と返してくれた。

ニコニコしながら
部屋に帰った。
ほんとに最後までありがとう。

きっとまた会いに行くね。





・・・新潟に。


(・・・・ってもうチケット買ってるし!!!!!)







10-FEET''VANDALIZE''TOUR 2008 in zepp Sendai

01.STONE COLD BREAK
02.VIBES BY VIBES
03.Freedom
04.U
05.MONKEY
06.wander?
07.BLAME ME!!
08.goes on
09.B.D.H
10.BE NOTHING
11.2%
12.SHOES
13.my pet theory
14.ライオン
15.LOODY
16.BEAUTIFUL WORLD
17.RIVER
18.HEY!
19.4REST
(アンコール)
20.FELLOWS1.5
21.recollection
22.nil?
23.CHERRY BLOSSOM
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。