ランキングチェッカー
宮島の旅2 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/04/29.Tue

宮島の旅2

宮島の旅。
つづき。
miyajima5.jpg


厳島神社に参拝しようと足を踏み入れたら
雅楽の音が・・・・。
TVの中継も入っていたので(BSでなんか放送してたらしい。)
そのせいなのかなー、、なんて呑気に本殿に行ったら
なんとそこで結婚式の真っ最中。

・・・・余談なんだけれども
おいらーが神社にいくときには
どーも結婚式にぶちあたる。
ちょうど日曜日の午前中、、という時間帯のせいなんだろうけどね。
八坂神社で二回、平安神宮で一回、熱田神宮で一回。東京大神宮でも一回あったな。
厳島でも遭遇したのでこれで六回目。
結構な確率のような気がする・・・・。
(そういや、ライブ待ちの代官山でウェディングドレス姿の花嫁と遭遇したこともある。
ちょうど7月7日、七夕の日だったんだよな。二次会へ歩いて移動、ってな雰囲気でした。)
こちらのお二方は
日本女性と外国の方でした。
生雅楽を聴けたので超ラッキーでした。ありがとうございます。

外国の方、といえば
海に浮かぶ鳥居を撮っていたら
外国のお嬢さんに日本語で
写真を撮ってください、と頼まれ
お連れの方はお父さんとお母さん、といった雰囲気で
(こちらのお二方は日本語は喋れない模様。)
あぁ、いいですよー♪もう一枚撮りますかー?なんかピントが鳥居に合っちゃったからー、、
ってな感じで全編日本語で通しました。
お父さんとお母さんにもなんとなく伝わってたようです。
日本滞在、楽しんでくれるといいです。



お腹がすいたので
あなごめし。
ちょっとお高かったです・・・。
美味しかったけどね。
anagomeshi.jpg


それから
なんとなく
ロープウェイに乗りたくなって(笑)
ちょっとお高くて、、んでもって
宮島のロープウェイは二段階なんですよ。
最初は15人くらいのロープウェイに乗ってさらに4~6人乗りの小さいのに乗って頂上をめざすんす。
一人旅でしたので
4人~6人乗りのロープウェイにひとり混じりこむ、ってのも
なんとなく気まずさ最高潮でしたが(笑)
帰りのロープウェイから眺める瀬戸内の海は波も穏やかでとっても綺麗でした。
なぜか眺望の好い側に座ることができたんだよね・・・・。へへへ。

土産物屋のおいちゃんと談笑。
おいらの物言いに東の人間だな、と思ったらしく

”どこからきたの?”

”栃木です。”と言ったら、おっちゃん、

”あー!作新の!”

どこから来たと問われて答えたら
作新の、、、と言われたのはこれで二回目。
出雲の灯台のみやげもの屋のおっちゃんにもそう言われたことがある。
おっちゃん同士は野球つながりなのか。それしかないんか。
あの時の江川の活躍はよっぽどの印象だったんだなぁ。。

それ以来
なんも脚光はあびてませんが、
日光東照宮がありますよ、と言ったら
そりゃええなぁ!とおっちゃん言ってくれた。
おいらにしてみたら
海のある宮島の方がいいなぁ。

おっちゃんとは世界遺産どうしでつながった(笑)

miyasima4.jpg


ロープウェイなんかに乗っていたら
大幅に予定をずれ込んでしまい
あたふたと広島市内に戻る。
帰りの新幹線は決まっていて
正味、時間がまったく足りなかったんだが、
どーしてもつけ麺を食べたかったのよーぅ。

八丁堀とは後で聞いたらかなりな繁華街なんだそうだ。
そういや、かなりな賑わいをみせていた。
でも一本通りを入るとのんびりとしていた。

ここの店は
おにぎりで豚一家が訪れた所。
サインも貼ってあったよ。

issui.jpg

tukemen.jpg


注文をする時
”初めて?”と聞かれ
このつけ麺はかなり辛いらしいのでほどほどの辛さにしてもらう。

調整してもらったとはいえ
かなりの辛さ。
美味しいので調子にのって食べていると
あとになって辛さが襲ってくる。
でも、ウマー、、、辛いーーひぃーーー、を繰り返す。
食べ終わったあとは口の周りが唐辛子で真っ赤。(腫れてるわけではない。)
洋服に飛んでしまうと始末が大変なので要注意。

・・・にしても
言葉、ってのはすごいな、と。
一言でワタシが西の人間ではない、ということをわからせてしまうのだもの。



新幹線の時間まであと20分ーーーといった
切羽詰った時間に駅に到着。

あたふたとおみやげものを買っていたワタシの目に映ったもの・・・。



みやげものの一角にカープ商品コーナーがある・・・・。おぉぅ。




親戚のお姉ちゃんが広島東洋カープの何十年来のファンなので
思わず法被をおみやげに買いました。
後で送ったらとっても喜んでくれました。
・・・・駅でカープ商品売っててもらって、ほんとに助かりました。
広島はカープがほんとに大好きね。


初めて行った広島の街は
ガヤガヤしている感じではあるけど根底にのんびりさんが漂う
とても良い街でした。
お嬢さん方が話す広島弁は言葉尻はハッキリしてるのに
なにか、こう可愛らしさが印象に残りました。
ワタシの見かけた広島のお嬢さん方はパキっとした凛々しい感じの印象が強かったです。

半日、という慌しい時間ではありましたが。
新幹線発車ぎりぎりまでぎゅぎゅーっと詰まった美味しい旅になりました。
今度はカープ好きの親戚のお姉ちゃんと一緒に再訪するでしょう。
約束もしてるしね。へへへ。
愉しかった~。

・・・旅は良い。
またゆこう。
知らない街を。とことこと。




ひとつ自分の中で変化を自覚したことがあります。

今回行った広島なり
大阪なり仙台なり
知らない街を歩くようになってから
地元の街を見直す意識が私の中にあることに気づきました。

実は宇都宮という街は
私の中でとても印象が悪く
長いことあまり好きになれない街でした。
でも
宇都宮にはどんなものがあるんだろう、どんな路地があるんだろう。
旅人の目線で宇都宮の街を見れるようになった、、というか、なんというか。
そうすると・・・見慣れた街にも違う側面を見つけることができたり、、という
思いのほかの拾い物をしたような気分になりました。
これから
ちょくちょく
宇都宮の街の愉しい所を拾っていこうと思います。

なんつったって交通費かからんし(笑)
お気に入り | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。