ランキングチェッカー
・・・にやり。 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/13.Fri

・・・にやり。

水曜日~のレディスデー~~

「アフタースクール」を観て来ましたよ(にっ)




以下、バッチリネタバレです。
普通の映画好きであるところの友達から
ワタシが洋好きであることを知っていての


”アフタースクール観ようよ、”


ってな、お誘いがあったので。


(お誘いがあったから!ってのがいちばんの理由だったかもしれない。。。)
(県内で上映しているところはクルマでないと行けないとこだったし
土日はなんだかすっかり予定がみっちり入ってるし、、、映画ってなかなか観にいけないのよね・・・)


面白い映画だったね。
いい役者といい脚本と・・・・
監督はセンスがいいねっ!
見てるこちら側の思い込みなんかを見事に何度もひっくり返してくれた爽快感があった。

こーいうのって下手すると
あざとさが見えてしまって”なんてことないじゃん、、”で終わっちゃうような素材だったように思うのね。
それをうまいことやりやがったな、って感じ。(褒めてる)
(選挙演説等はちょっとなくてもよかったかな、、ってに思ったけど。)

クセの強い俳優がてんこもりで出てたのに
それに頼ることなく
サラリとまとめたところが、スゴいよ。
(好きな役者いっぱい出てた!嬉しい!
好きなのは赤ちゃんが生まれる時に病院に送ってくれてた男の人。
この人はムロツヨシさんという人なんだけど、、、もう大好き
検問のときのおまわりさんとか。
気になったのは、途中でヤクザの親分に寝返るチンピラくんとか
ポルシェをみて、センセイ、スゴいね、っていう近所の人、、でもこの人は警察の方だったね。きっとね。
もちろん蔵之助さん、堺さん、田畑さんなんかももうー大好きさ。)



”愉しくするのは自分次第。”

いいセリフだった。

それぞれがそれぞれの思惑の中で生きているんだ、
普通の人が普通に生きてることの素晴らしさったらないなぁ、と
そりゃ確かにいろいろあるし
難しいこともいっぱいあるけど
個人個人がシアワセに生きることがいちばん強いんじゃないかしら、とも思ったわ。
きっと怖がることなんてなくて、いい。
感情をぶつけて何かを変えようとしなくてもいいんだ。きっと。


”このセリフを聞くために、この映画を観に来たのね、、、”

なんて、友達と笑う。
今の私にとって今、必要なものをみた(聞いた)わ。


今まで
洋さんの映像作品というのは
ほっとんど見てなかった。
舞台の洋さんは別だけど、、
どうしてもわたしの側に、、色眼鏡でみてしまうのがあるのがわかってたから
見ることはしてなかった。(東京タワーだって、まだみてないし~)
彼はずいぶんと成長した。
そしていい作品に恵まれた。
普通の映画好きであるところの友達も
”(あのキャスティングの洋さんは)よかった。あの味は大泉さんにしか出せないと思う。”と言ってた。
時は流れている。
それでいいのだな~・・・・・ってそんなオチかよ。


洋さん | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。