ランキングチェッカー
愉しすぎてガタガタです。 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/06/16.Mon

愉しすぎてガタガタです。

新潟に遠征に行ってまいりました。(毘っ)




音楽を好きでいてよかったと思うのだ。
好きな音を聴きに出かけてしまう行動力が自分にあってよかったと思うのだ。
仕事をして日々の生活をして、、というだけでは気がつかない
世界の広がりを感じることが出来ること。
それはわたしにとってとても大切なことだなぁ、と思うのだ。
ひとり旅はいい・・・。

ゆっくり過ごせるわけではないんだけど
(たいてい3~5時間程度)
やっぱり良いです。
多少のまごつきや、いたらなさ、失敗、急な変更などもありつつ
ひとりだったら、それすらも楽しんでしまえるし。
ほんの少しの時間でも・・・・体験できただけのことはあるな。(にっ)





いつもなら
行く土地について
もうちょっと調べたりするんだけど
(風呂があるとか、なんだとか。繁華街はどこいらだとか、美味しいものはなにか、とか。)
今回はほとんどなにも調べずに
・・・こんな感じで行こうかな、、と思ってたことも
別に実現せんでもいいや、、、ってな気持ちになっていた。
いきあたりばったりでいいや、と。
・・・なんてな感じで出かける朝にバタバタと支度をしたら
いろんな忘れ物をした。・・・・うぅ。

ちょっと早めに家を出る。
別にどーということもない。
新幹線乗り放題だったから、ちょっと余裕をもって駅に向かいたかっただけ。


・・・それが結果的によかったんだな。

宇都宮発東北新幹線、、、確か8じ発だったかな。
駅に着いたときあと5分、、くらいの勢いで
次の電車でもいいかなー、、と思いつつ
なんとなーく乗ってしまい
自由席だったけどすんなり座れたし。
そのまま呑気に乗っていた。
上野に着いて、時間調整なのかな、、、と思うほどに停車していた。
何回かその場面に遭遇したことがあったし・・・・・
それにしても、、
なかなか発車しない。

おかしいな、と思ったら
なぜ止まっているか、のお知らせが入る。


地震。
宮城県で震度6強・・・・・!


東北新幹線、運転取りやめ。
現在、京浜東北、山手線とも影響なし。
上野から乗り換えて
東京での目的地に向かう。
一本遅れたら、用事に間に合わないトコだった、、、
その車中、
仙台在住の友達にも早速メール。
幸い、すぐ連絡が取れて無事を確認。
お家の中が混乱していたようだけれど
無事のようだった。一安心。

無事、用事も済ますことが出来て
東京駅に舞い戻る。
・・・大混乱。そりゃそうだ。
明らかに仕事で東北方面に行かなければならないであろう
ビジネスマンたちが高速バスがあるとの情報を
窓口のお姉ちゃんから得ている姿を目撃する。

幸い、上越新幹線は運転を再開。
乗ろうと思えば乗れなくもなかったけど
ライブ前に到着すればなんとかなる、という
割合に時間に余裕があったのと指定が取れる権があったので
混乱を避け、
1時間ほど後の便に乗り込むことにして
神戸屋の白身魚のフライが挟んであるサンドイッチを食べる。美味かった。
ちょっと高かったけど。満足!
店を探して軽く食べて、本でも読んでたらすぐに時間なんて経っちゃうもの。そうだもの。
東京なんて店がいっぱいありずぎて迷うもの、そうだもの。
でもなぜかサンドイッチ系を選ぶことが多いな。
新しく出来たエキナカのお洒落なパン屋の高っいサンドイッチ(バゲットタイプ)も好きなのよ。

お菓子と飲み物を買って
初上越新幹線へ。
二階建ての一階に乗ってしまったことが悔やまれる。
窓口の兄ちゃんも混乱してたしなー。おいらも気がつかなかった。
濃い山の緑がありえないくらいとても綺麗なのに、、、、、。
天気も・・・・・なんじゃこりゃ、、ってくらいいい天気。
空が眩しい。青が映える。

新潟駅に降り立つと
容赦ない日差し。
夏の匂いがした。

これと比べたら関東の夏の日差しは・・・・ぬるい!生温いったらない!
日差しは容赦ないんだけど
空気がひんやりしてるのでそんなに厳しくはない。
・・・やっぱり新潟は北国なんだなぁ、、と。
東京で普通に過ごせる、サンダル履き、サブリナパンツ、透け感満載のシャツブラウス~
なんてのを着てるのはおいらだけだったよ。。。
寒いっってほどではないにしてもそんなお気楽な服装なんて、、、ひとり浮いてたわ。。。

ホテルを見つけるのに若干戸惑ったけど
(南口と北口のどちらなのかがわからなくてぐるぐる廻る。)
なんとか無事に到着。
フロントで新潟LOTSの場所を確認したら
案外と近くて歩いていける距離。
そそくさと戦闘態勢の準備をして会場に向かう。
うっかり見落としていたのだけれど
17:00開場、18:00開演だったのだ。・・・・もうすぐ17:00になるんだもん!!!!

特にフロント狙いでもなんでもないしー対バンあるんだからー多少は時間に余裕はあるはずだよー
とは思いつつ
実はポジション取りってーのは大事だし
ロッカーはどうなのよ、あるのかないのかだってわからないじゃないよ、、
それにマフラータオルとリストバンド忘れてきてんだよ!!もぅ!!物販はどんな感じなのか
行って見なくちゃわかんないじゃないよー

余裕こいてるワタシと焦りまくってるワタシが同時に存在してる。


初めて歩く新潟の街は
なんだか呑気、、とも言えるし、長閑だとも言えるし
穏やかな空気が広がっていた。
空が広かったな、、、
道も広い。
これは雪対策なのかな?とも思ったりした。
なんてことなく、、三越が普通のショッピングセンターのように鎮座しているのに
若干戸惑ったりして。
おおぅ・・・。三越っぽくないなぁ、、、
なんつーのかなぁ、、まったくもってスカしてないんだよね~。。。
気取ってないっていうか。
大らか、というかなんというか。実に伸びやか。
バスは大通りをばんばん走ってるけど
総じて交通量は少ないし。


・・・・うん、いいねっ!


てくてくのんびり歩いてたら
繁華街でもないとこに
(近くには小学校があったぞ)
FM局とその一角に新潟LOTSがあった。
すぐに目に飛び込んできたのは
クロークの文字。
・・・・えぇぇぇ?ロッカーないのーーぅ??

物販、、、物販、、、。
おいら、、リストバンドもマフラータオルも忘れてくるんだもんよ、、なにやってんだよ、、もーぅ
・・・早速買って速攻開けて
そそくさと準備を始める。

リストバンドつけて
マフラータオル首にまいて戦闘態勢準備おっけい。
これでやっと整ったね。
LOTSの前は普通の歩道なので
まったりしてる場所もないから、入場してしまう。
そしたら、中にロッカーあるじゃんよ!(ほ)
いっそいで来た割には
対バン全部観る勢いになっちゃったじゃん~。

一組目は・・・
名前覚えてないけど
地元、新潟のバンドだった。若い子達だったな~~
半年前にテンフィのライブアクトをやらないか、という話が来て
それからずっと
この舞台に立つのを夢に見ながら練習してきて
ルーキーである自分達に(舞台に立つ)チャンスをくれてありがとうございます!と言ってた。
会場からもあったかい拍手が聞こえる。おー!がんばれー!!的な。
・・・なんていい奴ら。・・・ううっ。

二組目、
over arm throw。

信濃川の川辺でスケボーをしてたら
誤ってスケボーがびゅーーんとおじさんの方に飛んでいってしまって
(この川は)キミタチだけの川じゃない、と諭され
しゃくりあげて泣いてしまいたいほど、凹んだそうです。

ライブハウスのいいところは
ひとりで来ても同じ音楽を愛する人たちが集まっているので
ともだちを作って帰ってください!、みたいなことを言ってたかな。
その言葉を受けて
柵前エリアでは
円陣ができて、皆グルグル廻っていた。愉しい!
新潟、熱いぜー。
テンフィのファンはやさしい!!あったかい!!と感激もしてたな。

曲もspeed感があっていい感じですた。

そして
10-feet登場!!

後ろの方に陣取っていたけど
ふたつ目の柵の前辺りまで移動。
オープニングの曲が流れると、ほんとにわくわくする!!


2964099_1533782420s.jpg

曲順はこんな感じ。

アンコールで二曲やったかな~
最後がcherryblossom。

仙台で聴いたときは
こう、、、ハードスタイル、っつーか
ゴリゴリした感じがあったけど
新潟は愉しい感じのライブだったな~。

あらん限りの大きな声で一緒に歌ったった。
周りも大声で歌ってるのが
ものすごい嬉しかった。
テンション、上がる、上がる。

ライブが半分を過ぎるあたりで
最前から避難してきた子達がぞくぞく増えて
真ん中あたりに移動。

”知らん人とハイタッチしろ~”

タクマのMCにとなりのおねえちゃんグループ4~5人にハイタッチ。
こんなことー、普段の生活では思いもよらんことよね~~



”KYとかって、言うでしょ、空気読めないのがいけないみたいな・・・”
”黙ってても解れ、っていうのはおかしい。”
”ちゃんと言わなきゃ伝わらない。大切な人にはちゃんと伝えなくちゃ、”


とも言うてはった。


”一歩踏み出せない、という人がいたら・・・”
”生まれたときは何も持たずに生まれてきた。
なんも失ってもプラマイゼロだから、なんも怖がることなんかないぞー!”

とも。

なんでこんなにでっかく多くの人を包むようなことが言えるんかなー、この人は、
とも思う。
ここまでくるのに
いろんなことがあったんだろうと想像してみる。
それを全部昇華して全部いい方向に持ってっちゃってる人。
だから
とても多くの人に慕われてるし
この人がいてくれる、ということだけで
どれだけの人が踏ん張れることだろう。
それがとても嬉しい。
とても大きな気の循環の中にいるんだと、
奇跡の中にはもう、いるんだな、と思う瞬間だ。

まず始めよう、行動することから始まるのだから。
笑顔でタクマがそう言う姿が目に浮かぶ。
ありがとう、ありがとう。


最後にテンフィと対バンの二組と会場の皆も一緒に記念撮影。
皆、いい子なんだ。
(カメラに収めるために)真ん中に寄ってくれ~~という掛け声に
列を乱すことなく
わらわらと真ん中に寄ってって
撮影が終わったら
ちゃんと元いた場所にわらわらと帰っていく。
テンフィのファンは、みんな、いいこです。


ありえんくらい
全身に汗をかいて、、、、、よろよろになりながらホテルまでの道のりを歩く。
もーーぅ全部出し切ったから
なんも残ってないです、なんもありません。
パンツまで濡れる、ってもー。。


こんなふわふわした、よろよろな時間が大好きだ。
両足はガタガタになったけど
それは後でなんとかしったったらええんや。
なにもかもを出し切ってしまうために
この時間が必要なのかとさえ思う。
その素敵で大切な時間のために
たくさんの人たちが動いてくれてるのだな、とも思う。
ありがとう。
シアワセな気持ちのまま、眠りに落ちる。


次の日の
新潟散歩は
特に何も決めないでいた。
ものすごいいい天気。空が青い。

そうだ、
信濃川に行こう。

駅に荷物を預けて歩き出す。
日曜日だけど
時間が早いせいか
のんびりした雰囲気。
飲み屋さんも多いのに
あまり、荒れた雰囲気がない。
こんなとこもいいとこだなぁ、、と思う。

視界の開けた先に信濃川。
河口付近なので
大きな川だけど
満々と水を湛えおだやかな流れをしていた。
時間の流れものんびりに感じた。
デカくて広くて、いい川です。

それから
街中を流し、
トイレを借りるついでに
ショッピングセンターに。
デカくて広くて小綺麗で、人の数が少なくて
ほんとに!買い物しやすいよ!これは!
こーいうとこ大好きだよ!もう!(ビックリマーク連発)
30%OFFになっていた夏のバックを買ってしまう。
・・・なんかトクした気分。(笑)


お腹がすいたので
駅方面に戻り
名物らしき、へぎそばと回転すしを食べる。
どちらもバリ美味。
特に回転すしは、この値段でこのクラスが食える、ってそりゃスゴくないか、新潟、と。
普通のご飯が普通以上に美味いのだ!
新潟の人は普通にこんなに美味いごはんを食べているのか!と思ったら
あののんびりさ加減は
このごはんの美味さが余裕を醸しだしているのか?とさえ思ったぞ。

1時間に1本しかない新幹線”とき”を押さえて
リフレクソロジーの店を見つける。
機嫌よくてくてく歩いたはいいけど
ライブの影響か、膝が痛くなっちゃってた。
運よく、すぐにやってもらえ、
しかも
”3じの新幹線に乗るんで、、、(ショートカットでお願いします)”とか言い放つし
それに加え
足の裏側の施術しかコースにないのに
前側が痛かったので
ムリヤリ前側の施術をしてもらう。ワガママ言い放題。
でも
お店のお姉ちゃん(とても若い、そしてとてもやさしい)は
リクライニング型のベットに変えてくれる、など
いろいろと骨を折ってくれ、
整体なども入れつつ下半身を中心にやってもらった。

そこで
先程食べたごはんが美味しかったわー、と言ったら
”わたしもごはん、大好きです。ごはんだけでいくらでも食べられちゃう”とにっこりしながら言ってた。
これだけ普通に美味しいご飯を日常的に食べているこの人たちは
少々のことでも大らかに受け止められるのかなぁ、、とぽやー、、と思った。
慌しくも会計を済ませると
おまけに"手作りせっけん”をくれた。
どんだけいい人たちなんだ、、この人たちは。

ほんわかした気持ちで新幹線に乗り込む。
帰りも二階建ての一階部分の席だったけど、、、まぁ、いいや。
また、きっと、、、くればいい。
新潟はワタシの守備範囲に入った、、、ということだけは
よくわかったから。。
ライブがあるときは、見逃さないわ。(きらーん)


今度は日本海見るぞーーーーーー!!!!

それとお寿司を食べる♪
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。