ランキングチェッカー
すちゃらか北海道録 その3 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/11.Mon

すちゃらか北海道録 その3

ショートステイのザンネンなところは
時間が足りなくなる、ってことだね。

(それは宿命)


大通り駅周辺でのんびり過ごしていい気分だったんだけど
そんなことしてたら
案の定時間が足りなくなった。

本当は。
お風呂に入る予定にしてた。
寝台列車だから、、
客車に入ってしまったら、寝る勢い、、の状態を整えようと画策してた。
(車内は案外冷え込む。それとお風呂に入ると疲れが取れる。やっぱり)
でも、もう3時を廻っていて。
5時には万端整えてホームに待ってないとやーばいんだっつーこともあり
(ほら、おみやげも買いたいし。夕食、朝食の調達もしないと。)
(その他いろいろ考えても、風呂に入るならもう入ってないと間に合わない時間帯。)
(時間があるようでないような、微妙な時間になっちゃったよ。)
(・・・・じゃぁ、どうするよ)

ふと見上げたら、
リフレの看板がある。
たーしーかー東京でも見かけたことのあるチェーン店だ、、。

(あぁ、これで疲れを取ってしまえ~~・・・一日中歩いてたからやっぱ疲れたし。)

そのスタッフらしき人が道端に出ていて、ちょうど空いてる、ていうんで
5じの電車に乗りたいんです、なんてな無理な注文をしてお願いをして。
ささとやってもらって。疲れを取って。(どーもがーがー寝てたらしいよ~~)
ハーブティーを飲んで一息ついてたら。

・・・・もう4じ半。(うそーーん)

うわーーーーっ、、っってんで
挨拶もそこそこに
さっぽろ駅に預けた荷物を取って
小走りでJRに向かう。

(大通り駅とさっぽろ駅とJRはとっても近い場所にある。)
(・・・とはいえ。ちょっと慌てた)



なんかいつもこんなことばっかやってるような気がする・・・。

大丸の地下で
適当に見繕い
ささとおみやげを買い、
あぁ、そうだ、ごはん、ごはん・・・飲み物も買わないと!お菓子もね!

(この時
お菓子を買った合計が555円だった! 笑 忙しくも笑えた一瞬)

kiosk.jpg

・・と超特急で
思い出せるだけの買い物をして
ホームに滑り込んでくる「北斗星」を迎える。(ぜぇぜぇ・・・。間に合った)

個室の中に入った時
車両が古い、っていう点は差し引いてあげないと、、てな状態ではあったけど
(サンライズと比べてしまうのは、可哀想というものよ。)
誠実な仕事ぶりが伺える室内ではありました。
(おいらは匂いに敏感なので匂い消し、のようなものは旅行に出る際にはいつも持ち歩いてます。)

だって
なんだか落ち着いちゃったもんよ。
もー部屋から一歩も出ないもの。はははは。

車掌室の上、の部屋だったので
お問い合わせの乗客がひっきりなしだったのには
ちょと閉口したけど
あんまり気にならなかったし。
荷物の置き場のスペースもちゃんとあったし
ベットの空間もそんなに狭い、と言うほどではなかった。

ただ、発車した時
進行方向から逆側にベットの位置があったので
それはちょーとザンネンかなぁ、、と思ったけれど
窓の外の北海道を見てると
そんなことどうでもよくなってくる。

日の暮れかかる
なだらかな丘陵に牛や馬がぽつぽつといる様や
何も邪魔することなく見渡せる広い海を横目に見ながら走ってるんだよ?
ものすごいパノラマ・・・・
全然見飽きないもの。

ほけーと1時間ほど窓の外を見ていたら
お腹が空いたので
それではごはんを食べよう、、と
購入したお弁当をひろげる。
(客室内にはちゃんとテーブルになるようなスペースもあります。)

・・・したら
めちゃめちゃ美味かったよ!!!

構内にあった、
はまなす亭というところで購入した、「北海なんたら、」という1300円のお弁当。
ものっそい小ぶりだったけれど
それがスペースを取らないでとても食べやすかったし
北海の新鮮な海産がこれでもか!これでもか!とぎっしりぎゅうぎゅうに詰め込まれ
すし飯もきっちりおいしく、バランスのよく
食べ応えのある珠玉の弁当だった、ということを記しておきましょう。
売店のおばちゃんもいい人だったよ~~

(札幌の方々には本当にお世話になりました。やさしくしてくれてありがとう。)

食べ終わったらゴロンとも横になったりもしてグダグダ過ごす。
TVもないし
CDプレーヤーは持っていったんだけれど
結局聴かないままだった。
なーーーんもしない贅沢、っつー時間を過ごしてたかもしれない。


だーかーらー列車の旅はいいんだよ~♪♪


・・したっけ。
どこだったかの駅で進行方向が変わった。
(寝ぼけていたので覚えていません。。。)

えぇぇ???スイッチバックすか???
まじすか、そんなのあり、、すか??ちょっと愉しいですけど!!
・・・・とかっておぼろげな意識の中で思う。

だから客車をひっぱる車両がディーゼルっぽい、ごつい車両だったざますね、、、、
(北斗星を迎える段、首尾よく間に合って、画像を取ろうと思ったんだけれど、
失敗しちゃったから残ってません 涙)

青函トンネルも
ほぼ眠ったまま通過してしまったようです。・・・惜しい。
車内アナウンスによると青函トンネルに入ったのは11じすぎだったようです。
・・・・北海道抜けるのに5~6時間はゆうに掛かってる、っていうことね。
(札幌発は5じ12分。)


・・・・どんだけ広いんだ、、北海道(じーん)


当初の希望は
朝札幌着、の北斗星に乗ることだった。

それに乗れば~~朝日と共に北海道上陸~~なんつーことができていたのね~
(なんてステキ~~)

次回は是非。(きらーん)


車窓を眺めていると
ほんとうに見飽きることがない。
それは、通勤の電車でも変わることがないけれど
この、、車窓を眺めるのが好きだ、というのは
きっと幼い時の記憶が関係しているのかもしれない。
電車に乗っておでかけをする。
それは私の中で愉しいこと、として記憶されているのだ。

クルマに乗って行くのも、まぁ、愉しいのだけれど
10才までは家にクルマがなかったから、、(東京在住だったから)
おでかけ=電車、という刷り込みができあがっているのかもしれない。
自分でクルマを持つようになれば、この記憶にも変化があって、愉しいことがきっと増えていくのかも。

最近は飛行機に乗ることも覚えたし(笑)

8じ、宇都宮に到着。
そのまま、、、ハイテンションのまま会社に直行。
旅の途中のようで
なんだか愉しいままだった。
周りの人は面食らっていたかもしれないな、(笑)

行程はキツキツではあったけれど無理はなかった。すごく満足してる。
”一泊で北海道に行くんだ、、”と妹に言ったら
”もったいない、、”と言われた。
そりゃ確かに
何泊もした方が北海道のよさをもっと満喫できるとは思うけれど
たとえ一泊でも。
何回も北海道に行ったほうがいい。
行ける時に。

こんなんでも面白いもん。。へへへ。


また、行こう。
どこかへ。



そんなこんなな、北海道の記録。おしまい。



最後まで読んでくれてありがとう。
cueの日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。