ランキングチェッカー
こりゃ、大変! へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/11/05.Wed

こりゃ、大変!

沖縄から無事に帰ってまいりました!

いやー愉しかった~~
向こうはまだまだ夏なのよ~
クーラー掛けないと眠れなかったのには
参ったわ~~

最終便で帰ってきて
羽田からクルマを走らせて
12じ過ぎに家に到着しました。


すちゃらか沖縄道中はまた別に書きますね。



やれやれ~~と思ったら
そこには置手紙。
・・・・・なになに?
それは母の字で、、、

携帯の調子が悪いので見てくれ、、と。
充電できない、と、、、。

え~~~???

そんなん言われても。おいらは電器屋じゃねぇんだぞ、と思いつつ
電源をぽち、っといれてみたら。




・・・・入るやん。


充電三本柱もばっちり立ってるやん。
なんの問題もないやん!!



次の日
電話を掛けてみた。


電話なんともないよ~
大丈夫だよ~・・・・とよくよく話を聞いてみたら


騒ぎが起こる前の晩、
お母さんとワタシとで携帯を使って
電池がなくなるまで喋っていたことがあり
それを母は充電にかけて休み、

次の日の朝
電話を開いたら、、、真っ暗だった画面にびっくりしたのはウチの父。
こりゃ大変!充電したのに画面が真っ暗!
これは充電できなかったのか?!壊れたのか!?
お母さん、なんかやったんでしょう!!
・・・・と大騒ぎ。

・・・・そりゃ父ちゃん、電源入れてなかっただけじゃんよ。


父は慎重な性質なので
電池が少なくなってきたらすぐに充電をしていたので
電源が入ったまま充電をするのが常だったのです。
ですから
充電が終わっても、電源は入ったままなので画面は常に明るい。
でも
充電が終わったのに画面が真っ暗(電源が入っていない)というのは
初めてのことだったのです。


(初めてのことにとても、弱い。パニックになる。)


ワタシが電話を入れた
その日の晩、お騒がせしました~~、、と
バツの悪そうに電話を取りに来た父。

”ダメだね~、、こんなことやってちゃ笑われちゃうね~”


そんな、自分を卑下する言葉に
父が
自分でしたことに自分で傷ついているんだ、、と感じました。


こんなことは、なんでもないことなんだよ、、
笑い話になったじゃないか。
でも、そのことでお母さんを責めたでしょう、、それは悪いことだね。
お母さんに謝りなさい、

と、言ったら
コドモみたいにお母さんに謝っていました。


段々にコドモみたいに
短気に、、怒りっぽくなっていく父を見ていると
娘としてはちょっと複雑な思いがあります。
この時は
すぐに気がついたので父を責めるような言葉が最初に出てこなくてよかったですが
この先、このようなことが何度も起こることは想像に難くないです。
その時
冷静になれるだろうか、、、。
許す、、といっては語弊があるかもしれないけれど
父のすること、できなかったことに批判、、もしくは責めたりするような口調になってしまわないだろうか。

父にも老いの姿が現れ始めています。
今は元気に遊びまわるのに忙しいですが
ふと、触れた肩がとても細くなっていました。
いつまでも元気でいるわけではない。
その時は確実に近づいているのだな、と、ふと思いました。

父が衰える、母が衰えるというのは
コドモからすると想像できないことのひとつでした、、。
いつまでも、元気だった頃のイメージで止まっているのです。
樋口さんの歌う「手紙」に言うに言われぬ感情がわきあがった一つは
そのことだったのではないかなぁ、と思っています。
いつまでも父は父で、、母は母でいて欲しい、いてもらわなくては困る、という
こちらの勝手な思いがある、と。
その勝手な思いが責めるような言い方に繋がっていくような気がして・・・・。
父に、、母に、、押し付けないようにしなければ、、、



父は頑固者ではありますが
自分が納得すれば素直なところがあります。
父のプライドを損ねずに
明るく、笑い話にしながら、愉しく生活していけたら、、、そう思いました。
一緒には住んでいないので
外側からのバックアップを、情報なり、提案なりをして
両親の生活を愉しくしていけたらいい、明るく過ごしていこう、
その方向にワタシの意識を向けていこう、、そう思います。

素晴らしき日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。