ランキングチェッカー
大移動の日 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/12/15.Mon

大移動の日

立川行って~銀座でごはん食べて~宝くじ買って~
なぜかKANがピアノで歌う声を背中に茶~をしながら~
来年の予定を立て~
それから熊谷に向かう、という
なんだか大移動の討ち入りの13日の土曜日。(どーん)

(やっぱ、東京駅周辺は、おいら好きだわ。
もーどんどん開拓してしまおう。
丸ビルは混んでたけどそんなとんでもなくはないし。
そこはかとなく上品だし、なんか好き。
皇居があるからか、気がいいよ。)



・・・あーた何やってんのよ、とツッコみは有の方向で。

Blooming HarvestBlooming Harvest
(2008/11/05)
dustbox

商品詳細を見る


以下自分メモ的ダラダラ文章が続くので、ご注意を。
ダストボックスのblooming harvest TOURチケが取れまして。
喜び勇んで参戦したわけです。
(なんだかんだ言いつつ、ダストには縁があって二回目の参戦。フェスでも二回参戦。・・・エルレより多い・・・。)
テンフィとダストの組み合わせなんで、もう、わーい!わーい!の状態だったわけです。
この二組はCDJで見ることができないので
もう、これはギフトだよね!(神様ありがとう!)ってな気持ちで
わくわくしながら
初めての熊谷に降り立った。


印象は、・・・小山に似ている、と思った。
さすがにホリデーパス最北の地の双璧。
両方とも新幹線止まるしね、
駅前に熊谷直実の銅像があったなー、、熊谷。
小山もなんとなく徳川さんやら頼朝さんやらと縁があるしねー
同じシンパシィを感じました。


直前になってあまり体調がよろしくなくなってしまったので
(それでも、行くの)
会場の斜め前にあるビジネスホテルをすちゃっと安価で押さえ
すぐ近くなんだから荷物をすべて置いて
充電が切れそうな携帯も置いて
チケットとドリンク代の500円だけ持って会場に向かう。超身軽。
身軽過ぎて、テンフィのライブTすら買えねぇ。(笑)
・・・まぁ、そんなんもアリ、ってなことで。

二階にあがって受付をして
また階下にいく、というちょっと変則的な会場だった。
物販のスペース、小さかったな、、クロークもあったけど、、、
なんか小さかった。
居場所がない、、って感じ・・・。
広さは宇都宮のヘブンスロックよりも大きめ。
ステージもちょっと大きいかな、、、。

後ろの方のまんなからへんにポジショニングをしたら
壁際にポジショニングしている女子が
”見えなーい”とかうるさいので
(いちばん後ろにいて、その言い草はないだろう、、と思った。)
すこーしずつ前の方に移動。
テンフィが始まる頃には
いつの間にスピーカー前、5列めくらいに来てしまい
あちゃー・・・・と思う。
確かまんなからへんにいなかったか、おまえ。

前に行くつもりがなかったので
髪ゴムがいっこしかなくてまとめることができてなかった。
ゴムはふたーつ持っていよう。いつも。
ドリンクをすぐに交換してしまったのでちょっと失敗。
実はテンフィの最中にどっか行っちゃってたんだよね、、、。
ネックホルダー必要。持ってたのに。荷物のポッケに入ってたのに。失敗。
カウントダウンではその教訓を。・・・・いや、フロントには行かないけど。

フロントエリアに行ったことで発見も。
案外危険じゃない、ということがわかる。
ダイバーが飛んできても、まぁまぁ対応できるのだ。
それに、女子はわりとはじっこに固まってる。
壁側にいる女子はほんと、動かんもん。
それに前の方も、ある程度のラインからはびくとも動かん。かえって安全。
男子のほうに行くのを避けることもできる。
どうでもいいけど、男子の汗の量、ってのはハンパない。
どういう構造なんだろう。
上半身裸の輩もいた。
・・・避けたい。
ダイバーを飛ばす人もなんとなく真ん中らへんにポジショニングしてるような気がする。
・・・にしても頭はよく蹴飛ばされたけども。ほほほ。
守りに入って対応するより
攻めに転じたほうがいいんだな、と納得した次第。
(安定は動態の中に存在す。真理だ。)
後からわかったことだけど、熊谷はフロントにも空調が入っているから
最後まで完走できたということがわかる。空調重要。
どこにあるか確認できたらしたほうが、よい。

・・で、テンフィ。
オープニングのあの曲を聴くと
ほんとにテンションが上がる。
何の曲をやったかは、、実はぶっとんでいてあんまり覚えてないけど
stone cold brake、U、goes on、nil?、vibes by vibes、fellows、riverは歌ってた。
最後は4restだった、ということは覚えてる。
対バン、ということもあって、時間短めだったような、、、やっぱ足りないよ、、
やっぱワンマンでがっつり観たいっす、、という思いを強く。
MCでは”嫌いな人がいてもいい、嫌いだ、っていうエネルギーも生きる力のひとつになるんだから、”と。
一生、いいこちゃんのままでいなくても、いい、、って。
タクマは言ってた。

・・・で、ダスト。
新譜は買ってあったんだけど、、、一回も聴かないまま行っちゃった(ははは、ちょっともったいなかった。)
テンフィの続きでそのまま前方にキープしたまま。
女子もいっぱいいたので、なんとかなりそうだと思った。
スガちゃん、ほとんど目の前、みたいな感じだったなー・・・。
四角い口してうとてた~~
全身で歌ってる姿を見ることをできたのは感動ものだった。
こいつ、本気なんだなー、って。
全身でオーディエンスと対峙してる。
目を剥いて本気で向かい合ってる。
スカすこともなく、正直に、そのまんまで。
錯覚でもいいけどスガちゃんとばっちり目が合ってた一瞬があって、、
後から思い返して、、、、あたしどんな顔してた?
なんか、すっげーもったいないことしたような気がする、とかって慌てる(笑)

すっげー、たのしかった。

ダストの時
タクマが二曲一緒に歌ってたのと
fallinを歌う時、なぜかコーイチさんが出てきて”フォーーリン”と振り向きざまに言ったそうだ。
(おいらはスガちゃん側だったのでその場面は見逃す。)
それをほぼ目の前で見れて、、んで
二人とも(タクマとスガちゃんしか目に入らなかったんだって、、視界狭いんだって)
すっごい愉しそうにギター弾いて歌ってた。
そんなのさー、、フロントに行かなきゃ見えないもんね、、、
そんで最近はダストもチケット取れないらしいし、
いろんな偶然も重なって、とても貴重な時間を過ごせた、と思います、、。
そうそうフロントになんか行けないもん。。
やっぱり、ダストはライブがいいや~~

ライブ後は髪の毛が全部濡れてしまっていたので
宿泊場所を確保しておいてほんとによかった、、と思った。
しばらくは耳がおかしかったので休憩する必要もあったしー
駅前は吉野家もあったしコンビニもあったので熊谷、使えるじゃん!と大いに気に入りました。

ライブが終わってから聴いた
blooming harvestはその名の通り、ぎっちりみっちり詰まった豊潤なフルーティな味でした。
fallinは、・・・・なんか可愛い歌だった(笑)個人的に、こーいうの弱い。


音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。