ランキングチェッカー
不思議な日々 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/01.Fri

不思議な日々

恒例の定例ライブが4月26日のにちようびに開催されました。

個人的に。
このライブのあった日と、前の日の二日間は
不思議なことが重なって起きた、不思議な日々で。
その締めくくりともいえる
自分内総決算的ライブでありました。

なぜかテレビの録画カメラが入っておりました。ほほほ。
後でどこかで目にすることができるんでしょーか、どーでしょーか。

開演15分くらい前に到着して
席を見つけ座ったところが、、、、、あーらららら。
ガタイのデカい兄ちゃんに視界をすっかり阻まれてしまう席だったことがわかり。
ステージ視界がほぼ完全に塞がれてしまっている状態で。
わかったところで時、すでに遅し。

すっかりザンネンさんで始まりを迎えてしまったのです。とほほ。





樋口了一 定例ライブ vol.29 春うらら   @渋谷7thfloor 18:00~20:00

春(童謡)

君が好きな理由
ほのうた 妖精登場
ふたば

every breath you take
大分市立中央小学校校歌
春一番前 (忠太郎さんの歌)

みみらく霊歌
how
朝花 アンプラグド宴会ver 
手紙

anniversary song
桜street

わたげ
1/6アコースティックver



しかしなーがら。
個人的なザンネンさんはいつの間にやら宇宙の彼方に吹き飛んでいて
(そんなこと、あったっけか????)
終わってみれば
いつにも増して大感動の幕引きでーございました。
今回、ちょっと構成が変わって1/6がラスト、、というのもなかなかオツなもんでしたよ。ふふふ。

音の力、、、歌の力に巻き込まれ、惹き付けられて
ザンネンさんのおかげで
音楽の力、を実感できた出来事となったなー、と思いました。
感謝、感謝。
それと、、、
明確に打ち出した意志が巻き起こす鮮やかな感動を目の前にして
なんだかおいらは言葉にできないくらい、とても感動していた。
声高に主張することもなく、何かを糾弾する激しさがなくても
この人はほんとうに、、自分の中の芯と正直に静かにつながっていて、
しっかりと大地に根を張り、楽曲と言う名の見事な花々を咲かせ
様々な人たちと信頼で繋がり、事態をゆっくりと動かし
軽やかに愉しげなライブを私達に見せてくれている、(聴かせてくれている、)と。。。
そのことが、なんだかとても嬉しい、、としみじみ思ったのだ。
繋がっている、支えていてくれている、全てにありがとう、といいたい。。


以下箇条書き感想

・この季節にしか聴けない、春。今回も聴けてよかったー。いつになく柔らかい音調がとてもいい感じ。春ね♪この歌も、その時々によって聴こえ方が違っていて。力強くこみあげてくる足音のような曲調の時もありましたが今回はギターもピアノも柔らかく響く、響く。
・初めてのお客様が多いのでは?という配慮からか、”君が好きな理由”の元になったエピソードや”みみらく霊歌”でのエピソードのMCがゆっくり語られてた。・・・・TVが入ってたからかなぁ、、
・”ほのうた”で妖精が赤ちゃん(妖精の娘)を抱っこしながら登場。きゃはははは。サイコー!
・大好物、樋口さんの洋楽カバー。よかった、今回復活して。ほぼ一年ぶり。STINGは以前にも何回か聴いたことがあったかな、、、。BEATLESはもちろんだけど、ビージーズとかクラプトンとかTOTOとかビリージョエルとか割と渋めの歌が声質に合うのかなー
・大分市の合併して新しくできた小学校の校歌を依頼されて作る、、ことになったので、その小学校にお邪魔したときのことを少し。普通、、海辺の学校、、と聞けば、海側に校庭があって、、みたいなイメージ沸くでしょう?そうでしょう?でも、そこは!海に向かって建っている学校だったのだって!大海に漕ぎ出す船のイメージで作ったそうです。。。なんとなく、、、襟を正してる気持ちで歌っていた姿がなんか印象的。そんな気持ちになるよね!これからずっと、、あの小学校の生徒さんたちに歌い継がれていくのだなーと思うとね!そんな気持ちにね!
・今回の朝花は完全アンプラグド宴会ver。(勝手に命名。ギター一本のマイクなしの生音で、後半手拍子のみで歌う)センセイ、スタンディングで歌う。なんなのかなぁ、、この空間は。オーディエンスとシンガーの一体感もさることながら。神聖な感じ、っていうか清浄な感じ、っていうか。歌、って”祈り”だし、ひとりひとりが思い思いに自分の中の神様に捧げるものだよな、、っとかって思った。そう、感じたの。最初に聴いてから、、、そういえば一番最初に樋口さんのライブに行ったときから、ずっと聴いてたんだった、、。あぁ、そうだった。その時々で違って聴こえるし、(そのひとつひとつはワタシにとって大切な宝物のような気がしています。)そしてどんどん広がっていく、、、ほんとに素敵な歌だなぁ、とつくづく思います。
・とても軽やかなピアノが印象的なanniversarysong。なんかねー、手元に見とれてしまいました。なんかー、、、見事だなーと!
・いつもながら、ラストはじーん、、とする余韻に包まれながら、軽やかな気持ちで駅に向かう。最近は道玄坂は下らない。ヒミツの道を見つけちゃったから(にゃはー)

次のライブは7月1日です。
また、行けるといいです。





樋口な日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。