ランキングチェッカー
くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン) へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/24.Wed

くるりワンマンライブツアー2009~敦煌(ドンファン)

もう、、、ずいぶんと前だったんだー、、
くるりさんのライブチケを取ったのはー・・・・・・・。





この時期
あんまり体調が優れなかったの、すっかり忘れててん。(ぎゃふん)

でも、幸いだったことには
今回は二階席も取っていた。


「も」というのは一階スタンディングも取っていた

(それは、なぜ?)
(それは、どちらかが取れていればいいな、とそん時は思っていた、、、、、はず・・・・)
(したっけ、両方当たってしまったので、売りに出すことも考えたけど、折角なので音楽友達を連れて一緒に行くことに。)
梅雨のうっとうしい天気が続いて
クサクサしていたところに昼頃から晴れ間が広がった23日。


・・・・お休みを頂いてまして。ほほほ。
洗濯をして空気を入れ替えて、、なんていう貴重な時間を取れたことににんまり。
平日のお休みがあるって、なんてステキなの~~、、と思いつつ
のんびりzeppへ。

以下箇条書き。


・平日の昼間だから、、、と侮っていたが電車は結構混んでいた。
・快速に乗れてしまったので時間が超余り。車窓の外は暑そうにみえたので品川ecuteでお茶をする。
・ ・・・・っていうか、アイスクリームを食べる。
・ ・・・・っていうか、それはコールドストーンクリーマリーだった。
・歌う、アイスクリーム屋、ということなんだけど、インフルエンザの影響で自粛をしてるそうな。
・超並んでたね。サラリーマンの姿が結構あったね。
・でもうまいこと店内に数客しかない椅子を確保してのんびり食べた。
・それはバナナスプリットデシジョン、という長い名前のアイスだった。美味かった。でも、あまー。
・zeppへは初めて行く。どうやって行こうか?と思った時、ゆりかもめに乗りたいから、新橋に行く、という理由が一番を占めていた私はやっぱりマニアと呼ばれてしまうかな。
・お台場を通り過ぎる時、等身大ガンダムが見える。おおぅ!!
・あんまりみない景色に物珍しさいっぱい。海ってだけでテンションあがるよねー(海なし県民)
・ゆりかもめ、途中、ぐるりんとまわって大きく左折する。なにゆえ?面白いからいいけど。
・zepp最寄駅、青海に降り立った時、潮の香りがした。
・最寄、、、、っつーかすぐそばじゃん!!・・・zeppはアクセス良くていいなぁ!!
・venusfortもすぐ近く。・・・・・あれ?ワタシ、ここ来た事あるな、、、なんで来たんだっけ???
・sousouの可愛い足袋靴下とくびまきを買ってしまう。にゃはー。ごきげん。
・開場時間が迫る頃、段々に色を変えていく東京湾上の淡いシルエットが綺麗だった。時々飛行機が飛んでくる。うちらにとっては非日常。こんなんもいいなー。
・開演20分前、入場。
・おいらは二階席へ。連れは一階、スタンディングで。
・二階席、案外スペースがあり、快適な感じ。前から3列目。ほぼ真ん中。結構見やすい。右斜め前方に渋谷さんを発見。おおぅ!二階席って~~関係者がいっぱいくるんだね~~
・なぜかワタシの前とその前の席が空いていてスペースを贅沢に使ってる感じがまた、よかった。
・ビールを片手に、、といった感じの方が多く、大人じゃーん、、と。会社帰りにこんな風にライブを楽しめたらそれはそれでいいなぁ、、と思ったり。
・開演。
・惜しむらくは、新譜を聴かないまま行ってしまった、ということだけど、聴いてなくても楽しめた。なんとなく、、そぎ落とした、シンプルな感じ、という印象を強く。
・何曲目か、忘れたけど、胸に迫った曲があったなー、、、初めて聴くのに泣けたなー、、。
・覚えてる曲は「青い空」「ロックンロール」「虹」「飴色の部屋」、、、そんでー、、初めて聴いたんだけど、これはきっと「すけべな女の子」だろうな、という曲があった。
・飄々としたMCに笑う。、、、、、いや、、和む。この佇まいは、惚れる。
・岸田さん、シャンプーをパンテーンからサクセスに変えた、ら、フケが75%減ったけど、ひとつひとつのフケが尋常でなく大きくなってしまった、、とかなんとか。サクセスはトニック系なので、シャワーで流す時にもカラダにスースーの泡が流れていくのが気持ちがいいそうです。
・ムダに爽やかな佐藤君とドラムのボボさんはメリット派。「このロンゲ野郎!」とは岸田さんの弁。
・ある曲が終わって、岸田さん、ズボンをたくし上げる。「下がってしまって・・・」といったところに、前列のお客さんから”・・・・チャックが、、、”とのご指摘。少しも動じることなく「チャックは開けるためにあるんです」とのたまい、「半分しか開いてないから大丈夫です。大きいのでこのくらいでは出ません」とキッパリ。笑いを誘う。
・岸田さんの両足でリズムを取る、変則二拍子がツボだった。終始愉しそうにギターを弾いていた。
・アンコールで歌った、「魂のゆくえ」はいい曲だなー、、
・、、、、、で。ラストの一曲に何がいいですか?と聞かれた客席、様々な曲名が出るも、「ブレーメン」と「東京」でまっぷたつ。「東京で”東京”歌ってもなー、、、」という岸田さんに客席から”両方やって!”その声に、この日一番の観客の盛り上がり。「空気読まない客~」といいつつ両方やってくれた。わーいわーい!
・zeppを出るときがいちばん混んでた。導線なんとかならんのか?
・それよりも携帯の電池切れてんねん!!待ち合わせちゃんとできんのかい、、とちょっと不安。でも無事合流。事前に待ち合わせ場所を決めといてよかったね、、、。
(いつも肝心な時に携帯の電池切れる。うぅ・・・。)
・zeppの真上にある観覧車がぴかぴか光っておりました。電飾きれーい。
・帰りもゆりかもめに乗って東京の夜景を堪能しつつ。等身大ガンダムはライトアップされておりました。画像がなくてザンネン。帰宅の方々ともに新橋へ。
・世にも不思議な墓石の話、と看板に書いてある店を発見。・・・・気味が悪いのでスルー。
・終電一本前の電車に乗れる。家に着いたのは1じちょい前!

こんな休日も。たまによい。




2009.06.23 くるり@Zepp Tokyo SETLIST

01. LV45
02. 愉快なピーナッツ
03. 太陽のブルース
04. Natuno
05. かごの中のジョニー
06. つらいことばかり (交響曲第九番)
07. 青い空
08. ベベブ
09. 鍋の中のつみれ
10. さよならストレンジャー
11. トレイン・ロック・フェスティバル
12. すけべな女の子
13. 飴色の部屋
14. 七月の夜
15. ロックンロール
16. ホームラン
17. 虹
18. デルタ
---encore---
19. 魂のゆくえ
20. 夜汽車
21. リルレロ
22. ブレーメン
23. 東京

音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。