ランキングチェッカー
夏、締めくくり へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/31.Mon

夏、締めくくり

それはまた、アクシデントから始まった。


今年もまた、参戦が叶いました。
sweetloveshower2009。
今回は主催のスペースシャワーTV20周年、というアニバーサリー。
三日間開催のうち、土日の二日間を参戦予定にしてた。

チケットも取った!
宿のホテルも取った!
会場までの高速バスも取った!

よーし!
・・・・といったところで
一緒に行くはずだったJちゃんが前日に風邪でダウン、、、。なんてことー!!

(なんでいつも一筋縄ではいかないんだろうか)

山の天気は変わりやすいので
体調が悪化することも考えて、無理に連れて行くわけには行かなかった。
皆で行くのを楽しみにしてたのにねぇぇぇ、、、。
待ち合わせの駅で
Jちゃんが保持していた宿とバスのチケットを受け取って
現地レポートを入れることを約束して
いざ出発。
Jちゃんの魂は一緒に連れて行くからねっ



以下、やたらに長いのでご注意。
・1000円割引のせいで、相模湖まではエラい渋滞にはまりこむ。
・前から二番目の席でぎゅうぎゅうにつめこまれた感のまま現地に。
・でも、朝から富士山見えたから、まぁ、いいや。

sls09-6.jpg


・先に現地に到着したクルマ班の二人から連絡。シートエリアはもう満杯!
荷物を置く場所くらいしか確保できなかったと!まだ10じ前だってのに!
・テレフォンズ前のステージ。↓

sls09-3.jpg

・現場に行ってみると、ほんとにぎうぎうで。5人座れるスペースがない(泣)
・まぁ、荷物だけ置かせてもらえば、後はなんなりとー!
・なんとなくの印象だけど、、去年とステージの位置が違う。そしてシートエリアが狭いような、、、。
・去年、おいらたちが確保した場所、ってのはステージ裏になってるんだもんなぁ、、、、、。
・テレフォンズ、砂埃がものすげー。水撒かなきゃダメじゃん。アーティストの喉が心配。
・物販に並ぶ、スペシャにとっつかまる、、でもってタオルを、いろいろと、ぶんどってくる、カキ氷を買う、盛りだくさん。
・日焼け止めを持ち歩き、気がついたときには塗りなおすようにしていた。大きな布を持って引っ掛けてる人を見かける。日差しを避けるには、あれはいいかもしれない、という結論に。少しずつ学んでいくな。

sls09-8.jpg
・なんか、毎年買ってるような。
・nothing carved in stone、myspaceでしか聴いてないで行っちゃったけど、やっぱうぶちゃんかっこいい、、、。マイスターギタリスト、って感じ。いい音を出したい、っていう気迫が感じられるような気がする。
・Voの人はボルゾイみたいだなぁ、、とぼんやり思う。品のいいわんちゃん。
・LAKESIDEのステージが終わっても、すぐにMt.FUJIのステージには駆けつけられない。とりあえず休憩しないとなぁ。
sls09-1.jpg

・水分補給したり、トイレに行ったり、座ってたりするとすぐに次のステージが始まる時間になる。
・やっぱり大忙しのてんてこまいの観戦になるなぁ、、、
・次はテンフィだー、と始まるのを待っていたら、なんだか様子がおかしい。テンフィなら自分で音チェックするのにな、、スタッフさんがチェックしてるな、、と思っていたら
おいらの方が勘違い。次はACIDMANのステージだったー!
・すんません、間違いました、、、っといって抜けられるような状態ではなくなってしまい、そのままフロントにてACIDMANを堪能する。
・いや、普通にカッコよかった。なんかなー、、インテリってんだろか、理知的、都会的ってんだろか、、あーいう人もいるんだなー!そういえば、Voの大木さんはどうでしょファンだった。。
・気がつけば、朝荷物をクルマに置かせてもらってから、ずっと、ベースキャンプにも帰らず、ずっとふらふらしてる。今回はなんか元気かなー、、。

・合間にどんぶりをかきこむ。
sls09-7.jpg

・テンフィが始まる30分ほど前から雨が降り始める。
sls09-2.jpg

・合羽を荷物の中に置いてきてしまったので、濡れネズミのまま参戦することを決める。キャップを被っていたので、そんなに気にならない。周りの誰一人として動こうとしないね、、、。
・結構な降りになってきて、ステージ上も動きが慌しい。PAにビニールを掛けたり、移動したり、音のチェックを度々やってる。・・・音、割れてたりする・・・。
・開演遅れる・・・?もしかして???・・・・もしかして中止?
・雨、止んでくれーーーー
・開演直前、雨止む、奇跡!
・テンフィ、登場。エグザイルのくるくるを三人でやってみせる。爆笑。
・タクマ、悪天候を差して”神様のヨダレや・・・・!”といい、”フェスなんかでも天気が悪い方が思い出に残るだろ!・・・・・でも本当は晴れてほしかった・・・・!”とザンネンそうな顔をして笑わせる。

M-1.STONE COLD BREAK
M-2.VIBES BY VIBES
M-3.JUST A FALSE! JUST A HOLE!
M-4.1sec.
M-5.goes on
M-6.super stomper
M-7.RIVER
M-8.2%

怒涛のセットリスト。騒いだまま突っ走ったまま終わる。フェス仕様、ってやつ?去年のセットリストとほぼ変わらんなー。
・雨に濡れていた体温が急上昇する。
・ミラクル、その①途中でキャップが飛ばされるも、すぐ近くにポトンと落ちて、ちゃっかり拾うことができた。
・ミラクル、その②背負っていたペットボトルが無事だった。
・ミラクル、その③柵側に追いやられ、結果的にモッシュの渦から逃れることが出来た。柵にしがみついてる女子たちのおかげでおいらは、大騒ぎできた。ありがとう。
・二つしばりにしてたんだけど、やっぱり髪が持ってかれそうになった。三つ編みにしとけばよかったかな。
・ほぼ5時間ぶりにベースキャンプへと帰還。誰もいねー!
・Mt.FUJIステージの怒髪天を見に行ってるらしい。
・雨にまみれて、汗になって、時間が経って冷えてきたので、これは着替えたい。着替えをもってきといてよかった、ほんとに。
・クルマがあると、着替えるのもラク、ということが改めてわかる。同行のMちゃんがメンズの汗拭きシートを大量に持参。すっかりさっぱり。ワンダフル!
・9mmさんを聞きながら、終演後の打ち合わせ。トリのアジカンの後、怒髪天の増子さんのDJがめっちゃ面白いんだ!とのオススメで、おぉ!そりゃ見よう、ということに。・・・いや、Aちゃんは最前でみたいから、ってことでアジカンを蹴って別行動(笑)なんか、ワタシも含めて皆自由に楽しんでる。あはは。ほぼ知らない同士なのに(笑)
・陽がとっぷり落ちて、始まったアジカンのステージ。ほぼ一番後ろで見てた。
・後ろからだとステージ全体とお客さんの様子と広がる景色がいっぺんに見渡せて、野外フェスの魅力を堪能する。
・いやー、、普通に良い。かっこいいわー、、前に見たときはあんまり好きになれない感じだな、と思ったのに。
・後でMちゃんに聞いたら、昔の懐かしい曲をやっていたんだそうだ。ふーん、、誰かに借りてみよう。
・アジカンが終わってすぐ、DJBOOTHに移動。後ろの方にいるね、と打ち合わせていたのに、後からどんどん人が来て、ほぼどまんなかになっちゃったよ!と思っていたら、DJが始まってしまった。
・増子さん(怒髪天Vo)、、へべれけ。(いつも、こうらしい。43歳。バンド内に成人病患者がでるとは思わなかった、と発言していた。)
・アラレちゃんとか(本人はアラレちゃんの帽子を被り、ファミ通のTシャツを着ている)ドラゴンボールとかスーパーマリオとか掛かって、盛り上がる。みんな歌う。スーパーマリオで土管に入るとこのBGMが掛かったときは”しゃがめ!”と号令がかかり、全員しゃがむ。後ろをふりむいてもみんなしゃがんでる!!バカばっかりだ!(褒めてる)
masuko_02.jpg
© SPACE SHOWER NETWORKS INC
・スペシャからリクエストがあって、ある曲で締めてほしい、ということで、DJ、CDの26曲目を探す。
・DJ、CDの文字が見えない!と文句言う。皆、笑う。ゆるゆる。
・、、、、、掛かってきた曲は・・・?
・マイムマイムだー(爆笑)
・踊れってか!
・・・・・ってみんな適当に手を繋いで踊ってるよ(バカばっかり!ウチらもな!)
・曲が案外に長くてへとへと。
・宿へのバスの時間が迫り、急ぎ、クルマへと移動。・・・・Mちゃんはどこにいるのよー!鍵、もってるのに!
・なんてなことがありつつも、無事バス乗車。いちばん後ろが空いていたのでゆったり座ってしまう。
・車窓から花火が!!なんてこと~~綺麗~~~すーばらしーーー
・30分程度で宿に到着。富士急ハイランドのすぐ近くだ。
・温泉があって、露天風呂がすごく気持ちいい。ひゃー・・・生き返るーーー、、去年とは雲泥の差。
・コインランドリーもあって、明日の着替えの予備のために洗濯する。乾かす。準備万端!!

・朝。7じ集合。メシ。

・Mちゃん、お腹が空いて5じに目が覚めたそう。たんとお食べ。
・水が美味しいせいか、ごはんも味噌汁もやたらに美味い。食べ放題なのがありがたい。おにぎりにして持って行きたいくらいだ。部屋の水道もバナジウム水である、ということがわかる。そりゃペットボトルに入れて詰めてもってこーぜーー!すごいぜ、富士山!
・二日目、異様な雰囲気に気がつく。
・シートエリア、、もう満杯。えぇぇぇ?!まだ9じをまわったくらいだっつのに!!
・その異様さの原因、、、、SASファンに囲まれてるやん。・・・・そっかー、、、そうだった!!
・ベースキャンプも三人が座るので精一杯。(クルマ班の二人は昨日で帰京。)なんとなく居場所がない感じ・・・。昨日はしゃぎすぎてるのと、見たいのが午後に固まっているのと雨が降ってきたりもして、じーーーーーとまったり。
・周りもほとんど動かねぇ。目当てがはっきりしてるなら、夕方に来ればいいのに、とすら文句がでそう。・・・しかも椅子持込率が異様に高いので、なんかうっとうしい。
・・・・・・・Yちゃん、それを見て”・・・運動会みたい・・・。”とつぶやく。確かに。
・たぶん、客が入りすぎ。シートエリアも狭いし、行き場をなくしたひとがスタンディングエリアにシートを敷いて座り込む。・・・これはちょっと危ないよなぁ、、
・まったりしつつメシを食う。
・佐世保バーガー、デカい。ひとりでは食べきれない。三人で食べようね!
sls09-4.jpg

・お目当てのスカパラで弾ける。雨が降ってても気にしなーい。
・終わってすぐに雨に濡れたTシャツを着替えて、矢野さんに駆けつける。
・一曲目がもう始まっていた。
・スタスタとほぼ真ん中の位置にポジショニングする。
・モニターと肉眼の両方で確認できるような位置。
・矢野さんの音に触れるのは、ほぼ初めて。春先小紅、とかやっぱり猫が好き、のテーマソングだった、davidくらいしか聞いたことがなかった。
・この人はアーティストなんだなぁ、ということがシロウト目にもはっきり判る。
・ピアノのひとつひとつの音が心にピタっとはまる。矢野さんの世界に引き込まれていく。
・”つらいことばっかりなら、帰っておいで”  涙が流れてた。どこへ帰るの?それはきっと、魂が欲する場所へ、ということだな、とぼんやり思う。
・いい曲だ・・・。甘すぎず、辛すぎず、まっすぐに心に届く。
・この人は妖精だな!と思う。
sls09-5.jpg

・すっかり堪能して、急ぎエレカシのステージへ!
・”桑田桂佑の前座です”といいつつ登場。
・いつもエレカシは一緒に歌いたくなる。宮本さんの伸びのある歌声が湖に響く。
・HYを後ろに聞きながら、撤収作業。時間はあるけんね~ゆっくり準備したったらええねん。
・ちょっと冷えてしまったので、またまた三人でひとつのほうとうを分け合って食べる。
・美味しい!
・桑田さんが歌いだした7じにバスはゆっくりと会場をでた。今年もありがとう!問題は多少あったけど、総じて愉しかった!
・天候もひどくならずに、見守り続けてくれた全ての存在にありがとう!感謝します!(by清志郎)
・新宿行きのバスがトイレ休憩で止まった談合坂SAはでっかくて、みやげものもたーんとあった。
・トイレ休憩15分って、、これまた微妙な時間・・・。土産も買うに買えねぇ。
・スタバもあったぞ!素晴らしい。
・結局、肉まんを並んで購入。ウマー。
・バスに向かう道すがら、信玄餅をすちゃっと購入。かーちゃんには泊まらせてもらったからなんか買っていかないとね。
・終電のいっこ前に悠々間に会う。
・Mちゃんとは新宿でお別れ。ありがとう!愉しかったよ!
・来年もよろしく!


音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。