ランキングチェッカー
CDJ11/12 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/01/01.Sun

CDJ11/12

年末恒例

しかーし。

今年は一味違う。
例年、二日間参戦しているカウントダウンだけど。
今回は余裕を持って参戦するために31日のみの参戦。



しかも開演は15:00。
その開演前の時間を利用して
数年かぶりに会う友達とご飯を食べ、という離れ技なんかもやって
上機嫌で
年末の空いた首都高と湾岸をドライブしながら宿に向かう。
1時間ほどで到着。

会場へ。

残念ながらグループ魂には間に合わなかったけど
怒髪天からスタート。

怒髪天
「ここにいる、って時点で(怒髪天のステージを選んでる)もうだいぶ外れてる」と益子さんに言われる。
吉井和哉さんは益子さんと同じ45歳なんだって。
「えーーーっ?!」「・・・今、えーっって言ったやつ、全員殺す」(大笑)
それにしても、一気に持ってかれる。

”♪大人はサイコー! 大人は最強ー!人生背負って大はしゃぎー!”

大人になって、よかったです(笑)
益子さんがいてくれるだけで、だいぶに励まされています。へへ。
汗だくになって、着替えを持ってこなかったことに自分でも驚く。


HALCALI
今回のアストロアリーナはシンプルな作りで
フードコートがなく、あるのはバドワイザーのブースだけ
結構な人数で盛り上がってまんまクラブみたいだなー。
ちょうど始まったHALCALIをそのまま見る。
初めてみるけど、、なかなかにいい曲だなー。ゆるーくのびのびしてる感じが気に入って
思わずCD買っちゃった(笑)


ちょこっと吉井和哉さんが唄ってるEARTHステージに行くと
なんか、、あのギタリスト、、、うぶちゃんみたい、、、うぶちゃんぽい、、、
うぶちゃんに違いない、、、と思いながらじーーと見ていたら
メンバー紹介をしてくれて、やっぱ、うぶちゃんやーー☆
綺麗なギターラインでした。
吉井さんの歌は、ロックというより、ブルースっぽいなー、と。
ロックブルース、、、哀愁があるんだよなー、、
最後に「burn」を聴いた。東北をイメージして作った曲、と言ってたかな。


HIATUS
サウンドチェックも本人が。
ほぼ一曲歌ってくれる。なんか、、声に安定感が増したような。
高音を出す時のかすれた感じも魅力のひとつに思ってたけど
これはこれで、また違った展開にもってける感じで、なかなかに。
ボイトレ欠かさないのかな、、ってな印象。
いやさ、、、、、音がはんぱなく綺麗。
アコギで登場。どんどん自由に音を紡ぎだしてる感が。キーボードも使うよ。
毒吐くけど、、、と言い出し
”こうやって(手を挙げ、指差し)ステージを指す動作を皆がなんでやるのか、さっぱりわからねぇ”
”周りに流されんなよーロックはリズムやジャンル(ここいら言葉があやふやに記憶)じゃない、生き様だろう?思うようにやってくれ”
・・・ってこーいうこと言うとまた、クイックレポートに”細美は観客に問うた、ロックは何か、と”とか書かれるんだよーー
とかって、言ってた。
この日にHIATUSを聴けるギフトを抱きしめる。

dust
もーーー、どれくらいぶりだろう、dustのステージ。
ノンストップ感になんとなく思い出したり。
そうだよなー、こんなんだったよなー。
・・・と、ここで足がなんともないのに気づく。
確かに無理をしないように、とは気をつけてたけど
でも、ちゃんとスタンディングで楽しんでるもん。よしよし。

ダイノジ
・・・というより
片平さんがプレイしてる最中に入って。
なかなかに座るところが無く、ステージ脇まで追いやられる。
音があんまり聴こえない(泣)
テンフィのsuperstomperかなー?オーディエンスが一緒に歌ってる声にびびって。
ステージにはこんな風に聴こえるんだ、、と(笑)
smapのshakeを最後にダイノジと交代したらしい。
(ステージ見えないからわかんない 笑)
結局ダイノジもgoes onをかけてくれてテンフィも聴けて嬉しい(しかし、あまり音がよくなかったような。。)
ダンサーの動きに合わせて、振りに合わせて踊る。
上半身だけなら、ずっとついていける!(当たり前か)
・・・ということで、アストロアリーナでの年越しは、超愉しかった。
最後はmake a wishだった。



やついいちろうのもみたかったけど
もう眠くなってしまったので(おこちゃまか!)ホテルに二時過ぎに。


足も痛くならずに完走して楽しめたことが何より嬉しい。
無理しない、自分のリズムで走る、ってものっそ大切。
そのことを学べた出来事だった。

無理をしなかったので
元日も元気で(笑)
三時間の道のりを愉しくドライブ。
千葉ってのは、乱暴な道の作りかたをするー。
埼玉県に入るまで、16号、ほぼまっすぐ。・・・・・・飽きる。詰まる。むむ。
でもHALCALIを聴きながらだったのでわりと大きな地震があったのにも気づかずに
上機嫌でクルマを走らせる。
大概な、ドライブ好きだということを自覚した。


上機嫌なで迎えた、年の始まり。


音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。