ランキングチェッカー
藤沢周平 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/07/12.Tue

藤沢周平

面白かったな。
「秘太刀 馬の骨」


他のも読んでみたくなっちゃったなーー。



以下感想など書いております。
淡々としたリズムで来た、、と思ったら
最後の方はものっそいスピード感で。
をぉ・・・。びつくり。

前半部の淡々としたリズムの文体もとても味わい深かったし
普通に、、慎ましやかに生きる人々の中にある
秘太刀、、ならぬ、秘めておきたいことを
穏やかに描いてる視点が印象的だった。


妻の杉江が徐々に立ち直っていく姿、ってのにも
心が動いてしまったな・・。
半十郎の変化に応じて、妻も立ち直る術(すべ)を見つけていったのかもしれないなぁ、、と。

・・・ここいらへん、、
段田さんがどのように、、南果歩さんがどのように見せてくれるのか
とても楽しみ。

どーもドラマ的には
内野さん主役らしいから
多喜とのハナシがクローズアップされるのではないか、と。
だって、クライマックス前で江戸に帰っちゃうんだよ、銀次郎。
したっけ、ハナシちょっと変わるのかも。
どこまで原作を追ってってくれるのか
ちょいと疑問は残るけども。。


でも
ドラマが始まる、ずいぶん前に読み終わってよかった。
消化しないとね。
ちゃんと見られないからね。




「救命病棟」は、まだちょっと見られそうにないなぁ。
読書三昧 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。