ランキングチェッカー
わたしの”どうでしょう” へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/09/03.Sat

わたしの”どうでしょう”

さて。
9月2日、金曜夜。
COMPOSERクロサで
大いに盛り上がってるcue界隈の大きな大きな輪からは
まったく外れてしまっていた片隅で、
”じっくり祭り”を開催するつもりでおりました。
おいらひとりで。
9月2日、23じ35分。
とちぎテレビにて
つりバカグランドチャンピオン大会最終夜が放映されました。

じつは
オンタイムで視聴したいな、と思ってたんです。

あの、重大発表を
放映されている時間に
ちゃんと見たかったの。・・・ほんとうは。

・・・で!も!

そんなおいらの思いとは裏腹に
ちょっとした事情が起こってしまい
放映時間に
家にいることができなくなってしまって
オンタイム視聴は叶わなかったんだけれど、、(笑)

(人生って、そんなもんよね・・・。フッ)
(だけどあきらめたりしないわ、あきらめたらそこで試合終了ですもんね、安西先生。)
↑ちょっと意味がズレてはいないか。名より実をとる、ってことでいいんじゃないか。
まぁ、いいか・・。


録画しておいたものを見ました。


なんだかとても不思議な感情がワタシの身におこりました。


もう全部知ってる。
その後に起こったこと、
DVDでも見てますし、、(それも何回も)
闇ルートで録画してもらった、北海道でのリターンズの放映分ででも見てます。
ちゃんと今も旅にもでてる、それぞれに、それぞれのフィールドで活躍してる。
全部知ってる。
わかってるのに。

・・・それなのに。

哀しい、っていうか
寂しい、っていうか。
えもいわれぬ気持ちを持ったまま画面の中の二人を見つめていました。

・・・なんでなんだろう。

最初にDVDを見たときには
重大発表のほんとうの意味がわからないまま見ていた。
あれは
番組をずっと見続けていた人たちの為のもの。
初めてベトナムを見るわたしにとっては、
ただのお知らせだった。
何の感慨もない。
でもとても、、緊張した、哀しそうな二人の顔が印象的だった。

それから
大急ぎで過去の二人の足跡を辿りつつ、
毎週毎週放映される二人の姿を追ってきた。
・・・三年の月日をかけて、彼らを毎週見続けてきた。

まるで
道内で、二人を見続けてきた人達の思いを
時を越えて追体験しているような。
きっと
こんな思いをしてたんじゃないだろうか、って
そんな気がして仕方がなかった。
やっと、自分の中に重大発表が重大発表として、
存在してくれるようになった、っていうか。


なんだかすごく淋しくて。
ベトナムの企画発表のときに
大泉さんが言っていた「ロケに出たくない」と言っていた気持ちのように
なんだか見たくないような。
・・・全部知ってる、っつーのにぃだ。
ベトナム第一夜は放映されました。
でも、まだ見れてない。


・・・・でもちゃんと見る。見届ける。
見終わったときに、何を想う、、、。
・・・自分のことも見届ける。
どうでしょの日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。