ランキングチェッカー
ついに読み始める。 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/09/27.Tue

ついに読み始める。

「天狗風」を読んでいたら
その前の話の「震える岩」はどんな話だったっけかな、と気になり。完読。
宮部ワールドが止まらなくなり。(宮部→宮部みゆきさんのことです。)

ついには。

長編なので調子のいいときに読もう、と、とっておいた
「模倣犯」に手を出してしまう。(うゎー)
ものすごい分厚いハードカバーでしかも上下巻。
(例えて言うならハリーポッターの厚さ。しかも二段書きっていうのかしら。文庫版になったら、一体何冊になるんだ!ってな勢いのある長編。)
読み出したら止まらなくなるのはわかっていたので、敢えて読まずにとっておいたのだが。

読み始めてしまった・・・・。

模倣犯〈上〉 模倣犯〈上〉
宮部 みゆき (2001/03)
小学館

この商品の詳細を見る


もうとまらんぞ。。。
わかってんねん。


でも思いのほかじっくり読んでいる。
読み応えたっぷりなのだ。
堪能しなくてはもったいない。

とても怖い怖いお話だけれど怖いだけじゃない。それだけじゃないんだ。深いんだ。
入魂の作なのだ。がっちり受け止めたいのだ。

通勤電車の中でも読もうかとも思ったけど
さすがに重たいので
それに、、まだ「天狗風」が読み終わってないので(笑)

昼休みは「天狗風」。
読書三昧 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。