ランキングチェッカー
クラシック三昧 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/10/31.Mon

クラシック三昧

ipodさん買いましたー。

かわいいったらー♪
アクセサリーも可愛いよね。

appleさんは、この辺商売上手というか、なんというか。
機械なのに、こう、、、
愛でる、ていう言葉が良く似合う。

パッケージングもとても可愛い。
USBケーブルがあるから
保管用にとっておきたい感じ。

”shuffle買わねぇかい?”

っつーお誘いはあったけれど
(↑賞品でもらったんだってー)
もともと欲しかったminiを買うことにした。

やっぱminiでよかったかも。
手持ちのCDを
あれもこれも、入れたいなーってやってたら400曲を超えてしまった。
そんなにあるとは思ってなかったのでちょと意外。
それでも全部入ってるわけではないので。

今日は人がいないから
聴きながら作業ができる。
ブラボォー!
(そんなのんきな会社員は他にいないと思う。。)



クラシック、、というか
五島龍くんのCDを今聞きながら作業をしてるんだけれど
音でいっぱいになる、ってのがいいなぁ!と。

家には
コンポはあるけれど。
大音量では聴けなかったりするよねぇ。
それが
ヘッドフォンだとどかーんと音に埋もれるからいいなぁ、と。
クラシックは特にいいなぁと。
ヴォーカルがない分、音に浸れる。
空気を伝わって聴こえてくる音、広がりの中で聴く音というのも
魅力ではあるけれど
ヘッドフォンというのは音に埋没するのがいいなぁ。
いろんないろんな音がするー きれーい!
(↑この程度でしか表現できない、、って・・・)

歩きながらとか電車に乗ってるときは周りの音が多少聞こえないと危ないじゃん。
でも作業中はいいな!これ。
(・・・電話はかかってくるんだから対応しないといかんけどな。。)


CDなのに
曲と曲の合間に
レコードに針を落としたときのような音が聞こえるのは
なんとなくご愛嬌って感じで、おいらは割りと好きだな。
アナログ感があるでないか。
製作者の意図は違うところにあるのかもしらんが。
おいらは結構、好き。

(続いてクラシックベスト100を聴き始める)

龍くんのは
バイオリンがメインの楽曲が多いせいなーのか
ちょっと音が違って感じられる。
なんとなく、なんだけど。

その違いってのは
録音時期の差なんではないかな、と。
龍くんのCDは
少なくとも去年、、または今年になってから録音されたものだろう。
でもクラシックベストってのは
今まで録音されたものを・・・・そのまま使ってる、よな、きっとな。
だから安いんだよな、、、、、とかって。
なんかね、音の合間というか
音全体を包む音感というか空気感が今様ではないような気がするんだよな。
これはこれでいいんだけど。
割合、、わかってしまうものなのね、ってそこらへんが不思議。

音は生きているものなのねー。
生物(なまもの)というか、なんというか。
変わらないようでいて常に変わっているのねー。

で。
タイムリーなんですけども。

クラシックさんは
今度生のオケを聴きに行きます。
行くんですよー。

だって地元に来るんだもん。

地元のチケットショップで売られていたので
なんとなく、購入してみたんですよねー。
こっちに来てくれるんだったら電車賃かからないし、いいじゃないの!
会社帰り、ったらあーた、新幹線乗らなきゃ間に合わないんだから。
それが乗らずに済むんだから。
正味20分位で会場に着くんだからー。いかいでか。

指揮者は佐渡裕さん。
この方は愉しいマエストロなので。気になる方なので。即決でした。

録音時期といわず、なんといわず。
生ですから。
今、この時、の音を聴きに行くんです。
すげー楽しみ。へへへ。


源氏といい、クラシックといい、、古典づいてるな、最近(笑)
音楽生活 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。