ランキングチェッカー
信長 へなちょこちょこな日々
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/01/17.Tue

信長

やっとこさ
功名が辻 第一話見ました。


どうにもこうにも
大泉校長が浮かんできてしまい。


鼓を打て~

具足を持て~


いやいや。
館さん熱演でしたよ。

どうでもいいけど
館さん迫力ありすぎ。
本当は三十代くらいの俳優さんがやるんがいいんだろうけど
(当時の信長の年齢にも近いしねぇ。)
あの迫力は出せへんやろなぁ・・・。
でも、声が割れちゃってるのがちょっとザンネン。
あーいうときの大将の大音声(出陣)、
ってのはよく通る声だったんじゃないだろうか。
この人に賭けてみよう、って思わせるようなね、

・・・さて上川君。
いやー、、この役って難しいと思う。
特徴がない、といえば特徴のない役柄なんだもの。
原作者にも、なんでこの男が大名にまでなったんだろう、、、って不思議に思われてるわけ。
その難しい役をさわやかに、素直に演じてるなぁって。
前田吟さんの家来の役もグ。

どうにか一年、見続けていけそうです。
テレビの日々。 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。